P182の裏配線大公開!

P182が人気の理由の一つに裏配線ができるという特長があります。かさばる電源ケーブル等をマザーボードの裏側に通すことでケース内の空間が保たれてエアフローがよくなります。

下の写真はあまりきれいではないですがうちのPCの裏側です。右上に通した8ピンの電源ケーブルの長さが足らず、延長ケーブルを繋いでます。マザーボードのコネクタの位置とケーブルの長さによって届かないことが多いので事前に確認したほうがいいと思います。余ってたIDEのHDDを1台だけ載せているのでフラットケーブルも繋いであります。裏配線をする場合、スマートケーブルだと太くて蓋がしまらなくなる可能性があるので、フラットケーブルの方がいいかも。

→PCの構成はこちら

はじめてのサウンドカード増設

あまり音にこだわりがある方ではないのですが、PCへの負担が減るということでサウンドカードを増設しました。今までオンボードしか使ったことがないので未知の領域。いろいろ調べてみて良さそうだったのがこれ。



gamerなんて名前がついてるのでゲーム専用かと思いましたが音楽や映画の鑑賞にもいいらしい。

Radeon HD3870 vs. GeForce 8800GT ゲームスコア

先日発売されたATI Radeonの新シリーズHD3870とHD3850。自分はRadeonを使ったことはありませんがやっぱり気になるのは8800GTとの比較。AnandTechにBioshock・Call of Duty 4・Crysis・Half Life 2・Oblivion・ET:Quake Wars・Unreal Tournament 3・World in Conflictでの比較が掲載されていました。

Let’s Get It Out of the Way: Radeon HD 3870 vs. GeForce 8800 GT (AnandTech)

おまけでHD3870 vs 2900XT、ミッドレンジ対決ということでHD3850 vs 8600GTSも載っています。

Obsoleting Products: Radeon HD3870 vs. 2900XT

Mid-Range Battle: Radeon HD3850 vs. GeForce 8600GTS

今のところほとんどのゲームで8800GTが若干勝っているようです。平均してHD3870のスコアは8800GTの85%ほど。価格でも8800GTのほうが平均して数千円安いので今のところは8800GTに軍配という感じです。しかし3DMark06のスコアではHD3870の方がスコアが高いという話も聞きますし、HD38xxはDirectx10.1に初対応なので今後どうなるかはまだわかりません。今使っているマザーボードがCF対応なのでちょっと気になっています。

Radeon HD3870 シリーズ一覧

Radeon HD3850 シリーズ一覧

8800GTはAntec SOLOに取り付け可能?

ケース内が割りと狭いSOLOに8800GTの取り付けが可能かどうか試してみました。

SOLOで使っているマザーボードがAGPなので・・・若干ずれていますがとりあえず当ててみただけです。長さは一応足りていますが、ここに6pin電源やHDDがつくとちょっときびしそう。下から2段目のHDDベイは空けてファンからの空気が当たるようにしないと熱がこもるかもしれません。また長いカードによってカードの上と下でエアフローが分断されてしまうことにも注意が必要です。

8800GT in SOLO

「GeForce8800GT」発売記念BTOパソコン

8800GTリファレンスクーラーの性能

爆熱といわれている8800GTのリファレンスクーラーですが、実際には回転数が30%に固定されているだけなので、回転数を上げてやるとどこまで温度が下がるか試してみました。回転数の調整にはRivatunerを使用しました。v2.06より8800GTに対応したのでLow-level system tweaksから変更し、10%ごとに10分程度放置してアイドル時とATIToolの3D View(たわし)で計測しました。

8800GT
RivaTuner


P182のケースファンを交換

P182をもっと静かにしたい!ということでP182を買ってすぐに付属のファンは撤去。最近ケースファンをいろいろ試しています。今まで使っていたのはScytheの鎌フロゥ静音と超静音。これをファンコンで回転数を落として使っていました。今回取り付けたのは同じくScytheのKAZE-JYUNIです。Scytheのファンは安くて静かで風量もそこそこなのでかなりおすすめです。
メーカーの詳細では、

オリジナル設計の小軸&大型ブレードを採用する事により
既存モデルを凌駕する大風量を実現! 
従来モデルに比べてノイズは若干上昇するものの、風量は
約20~40%増しという効果が得られます。

ということだったのですが、800rpmという低回転に魅かれて試してみました。

GeForce 8800GTをXPとVistaで比較

XPとVistaのデュアルブート環境で、3DMark06のスコアを比べてみました。ドライバはどちらも169.02、3DMark06の解像度は1280×1024です。Vistaだとけっこうパフォーマンスが落ちるかと思いましたが意外と変わらず。

8800GTでのCrysisベンチ結果

Crysisの推奨環境となっている8800GTでGPUスコアを各設定ごとに試してみました。
HIGHとLOWでは全くの別世界で、木の葉や海の透明度など質感が全く違います。
XPだとHIGHまでしか設定できず、Very HIGHはVistaでしか設定できませんでした。
AAをありかなしかでかなり結果は変わってくるようです。結果は全てWSXGA+(1680×1050)の解像度で行いました。
結果は↓

8800GTのクーラー換装(DuOrb・Accelero S1)と温度比較

071111-3.jpg

8800GTのリファレンスクーラーが全然冷えないらしく、そのままでは怖くて使えないのでクーラーを換装しました。一緒に購入したDuOrb(Thermaltake)と昨日ふらっと衝動買いしたZAV-Accelero S1(ZAWARD)の2つで比較してみました。

GeForce8800GTとGeForce7900GSのベンチマーク比較

新しく購入した8800GTに換える前に7900GSとのベンチマークスコアを比べてみました。
比較に使用したモデルは以下の通り。

■GeForce7900GS XFX PV-T71P-UDF3 (ForceWare 94.24)
■GeForce8800GT GALAXY GF P88GT/D3 (ForceWare 169.02)

どちらも定格での使用です。マシンのスペックはこちら

071111-2_20071111031840.jpg 071111-1_20071111031835.jpg

長い!!P182で中段にファンをつけた状態だとかなりギリギリです。というか電源ケーブルがファンに当たってますw
ベンチマークのスコアは↓