GTX260 FF14Bemchmark
セットアップが完了したので次はGTX460の性能を見ていこうと思います。
ベンチマークや消費電力など、手持ちのGTX260と比較してみました。大人気のFF14ベンチマークも。
また、あまりビデオカードのオーバークロックはやったことがありませんでしたが、EVGAのツールを使って挑戦しました。

EVGA GTX 460
ビデオカードに出せるのは2万円程度まで!
そんな自分ルールを勝手に決めて今までGTX260やHD5750等のビデオカードを選んできましたが、次に選んだのはGeForce GTX460。すでに様々なところでそのパフォーマンスが公開されて、ようやくNVIDIAの時代到来とも言われたりしてます。
768MBと1024MB版がありますが、1024MBは人気で品薄だったので、不満だったら買い替えるつもりで768MB版にしました。
価格帯ではGTX260の後継に当たるので、ベンチマークや温度、消費電力など各パフォーマンスを比較してみました。

PROLIMA TECH MK-13
今さら感がありますが、サイズから発売されているPROLIMA TECHのハイエンドVGAクーラー「MK-13」のレビューです。
実はもう数ヶ月前に購入していたのですが、購入当時に使っていたマザーボードGA-EP45-UD3RのSATAポートにヒートシンクが干渉して取り付けられなかったのでずっと放置していましたが、Core i7環境へ移行し、マザーボードが変わったことで取り付けできるようになりました。
PROLIMA TECHと言えば、すでに販売終了しましたが、空冷最強と言われる「Megahalems」「Megashadow」を作ったメーカー。そのVGAクーラー版ということでかなり期待できそうです。
※VGAクーラーの交換は改造に当たるため保証が受けられなく可能性が高いです。自己責任で。

Windows Home Server 'Vail'
zigsowのIntel Desktop Board D510MOダイナマイトレビューに当選しました。当選したのは5月ですが、届くまで時間があったのでどんな使い方をしようかと考えておりました。
D510MOのメリットは何といってもAtom D510による省電力性能。これを最大限に生かすにはやはりサーバーしかない。デスクトップとして使うにはD-Subしかないモニタ出力がネックになります。
Windows Home ServerにしようかLinuxにしようか悩んでいましたが、4月に公開されたWindows Home Server code name “Vail”のβ版を使ってみようと決めました。

© Digitalyze. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。