VistaにRamPhantom3 LEを導入してみた(RAMディスク作成)

前回の記事でGavotte Ramdiskを使ったRAMディスクの作成を紹介しました。
Windows Vistaの32bit版の場合、4GB以上のメモリを搭載していると、OSで認識できる容量が3GB強しかなので無駄な領域ができてしまいます。その領域をディスクとして使えるのがRAMディスク。
しかし、RAMディスクにはメモリの仕様上電源を落としたら中身が消えてしまうため、使用方法に制限があり、キャッシュ用くらいにしか使えないという問題点がありました。
そんな問題を解消してくれるソフトがI・O DATAの「RamPhantom3」。
有料ですがI・O DATAのメモリがあればシリアルナンバーを入力してLE版がダウンロードできます。
製品版とLE版の違いは作成できるRAMディスクの容量のみ。LE版はOS管理外で1GBまで、OS管理内で最大2GBとなります。
製品版を買うか迷いましたがセカンドPC用に安いメモリが手に入ったのでLE版をダウンロード。
Gavotte Ramdiskで作ったRAMディスクを削除してRamPhantom3 LEを入れました。


インストールや設定は非常に簡単ですぐ終わりました。
RamPhantom3 LEの状態
インストールが終わるとタスクトレイにアイコンが出るので詳しく設定できます。
RamPhantom3 LEのプロパティ
OS管理外のメモリは768MBでしたがキリがいいところで640MBにしました。ドライブレターは自動になっていましたが、キャッシュフォルダ等に指定する場合、他のドライブ等を接続して変わってしまう恐れがあるので固定。
RamPhantom3 LEのプロパティ
RAMディスク内に保存したデータを自動でハードディスクにバックアップできます。「ログオフ時に自動で保存」にしておくと、ログオフ時にバックアップ先に指定した場所へデータを移してくれます。そしてまたログオンしたときに戻してくれるという便利機能。
RamPhantom3 LEのプロパティ
ブラウザのキャッシュフォルダはチェックを入れるだけで簡単に移動できます。IEとFirefoxに対応。Firefox3はキャッシュフォルダの指定がやや面倒なのでこれは楽。
ハードディスクとの速度の違いは以下の通り。
▼ハードディスク(Cドライブ)
WS004182.jpg
▼RAMディスク
WS004182.jpg
読み込み速度3GBという圧倒的な速度。しかしハードディスクからRAMディスクへコピーするとハードディスクの速度がネックになって上記のような速度は出ません。それでも数百MBのデータで一瞬でコピーできちゃいます。
RAMディスクのためにメモリ増やしたくなりました。
製品版はダウンロード販売で購入できます。メモリを買ってLE版を使うか、製品版を購入するか。それほど高くはないのでメモリが必要ないなら製品版でもいいかも。

RamPhantom3
ioPLAZA【メモリー&ファントムフェスタ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA