ワットチェッカーでパソコンの消費電力を測ろうのコーナー

自作PC

ワットチェッカー
新しくPCを組むと、速さと同じくらい気になるのが消費電力。
自分が使っているパソコンがどれくらい電気を消費しているのか、特に最近の省電力なパーツを使っていると非常に気になります。
そんな消費電力を計測できるのがこの「ワットチェッカー TAP-TST5」。計測したい機器とコンセントの間に挟むことで、電圧(V)、電流(A)、電力(W)、皮相電力(VA)、周波数(Hz)、力率(PF)、積算電力量(KWH)、積算時間(H)といろいろ測れてしまう優れもの。
頻繁に使うものでもないのでなかなか自分で買おうとは思わないですが、たまたま友人が持っていたので借りてきました。
メインマシン、サブマシン、Eee PCの3台の消費電力を計測してみました。


パソコンの消費電力といってもアイドル状態と負荷をかけた状態では全然違ってくるので、起動中やベンチマーク中の消費電力も測ってみました。
それぞれでのMAXの値をとっています。

  メインマシン
C2Q Q9550
GeForce 8800GT
サブマシン
Pentium DC E5200
Radeon HD4550
ミニノート
 Eee PC 901-16G
起動時 187 W 90 W 16 W
アイドル時 138 W 65 W 11 W
CPU負荷
Prime95
200 W 92 W 12 W
GPU負荷
ATITool
202 W 83 W 14 W

結果はこの通り。
メインマシンは300W以上いっちゃうかなと思ってましたが意外と少ないですね。電源は550Wなのでまだまだ余裕。普通に使っている分には200Wを超えることはまずなさそうです。もっと上のランクのビデオカードにしても余裕っぽい。
サブマシンはE5200とHD4550という省電力な組み合わせなので消費電力はかなり少ない。メインマシンの半分以下ってことで非常に満足してます。オーバークロックしてもたいしたことなさそうです。
てか、そんなことよりもEee PCの消費電力の少なさに驚きです。負荷をかけてもほとんど変わらないAtomってすごい。メインを使うのが怖くなってきました。
ワットチェッカー楽しいですね。PC以外にも家電とかXbox360とかいろいろ測ってみたくなりました。
ただケーブルもなく本体を直接コンセントに差す感じなので電源タップで使うときは延長ケーブルがないと差せません。たまたま家に余っているのがあったのでよかった。
エコの時代の必須アイテム!

SANWA SUPPLY TAP-TST5 ワットチェッカー
サンワサプライ
売り上げランキング: 1210
おすすめ度の平均: 4.5

5 形状が使いにくいがとてもいい品
4 電気代の内訳を知るのに役立ったが不満もあり
5 1台あると何かと便利
5 待機電力撲滅!
4 エコワットと違ってちゃんとした計測器

サンワサプライ 電源延長ケーブル TAP-B16
サンワサプライ
売り上げランキング: 938
おすすめ度の平均: 5.0

5 余す所なく使えます

SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
mayhemrabbitをフォローする
Digitalyze

コメント

タイトルとURLをコピーしました