【レビュー】EXILIM EX-Z400を使ってみた(1)

EXILIM EX-Z400 1-1
アジャイルメディア・ネットワークにてモニターを募集していたので応募してみたところ見事当選、レビュー用に「CASIO EXILIM EX-Z400」をお借りしました。
EXILIM EX-Z400は2009年1月に発売された“EXILIM”シリーズの新製品です。世界初となる高速撮影によって動く被写体を切り抜き、動画として合成できる「ダイナミックフォト」機能を搭載。
まずは製品の外観から見ていこうと思います。デジカメに関しては素人に毛が生えかけた程度のレベルなのであまり難しいことはわかりませんのでご注意ください。かなり適当ですがダイナミックフォトも作ってみました。


EXILIM EX-Z400 1-2
本体カラーはゴールド・ピンク・ブラウンがありますが、今回お借りしたのはゴールド。淡い色づかいで本体もコンパクトなので女性が持つにもよさそうです。
EXILIM EX-Z400 1-3
最近のモデルでは当たり前のようになった3.0型液晶。十分すぎるくらいの大きさです。
EXILIM EX-Z400 1-4
シャッターボタン回り。
EXILIM EX-Z400 1-5
肌をなめらかにしたり、顔の影を目立たなくできるメイクアップボタン。
EXILIM EX-Z400 1-6
バッテリーは3.7V 1300mAh。リコーのR10より多いですね。SDカードはSDカード型無線LANカード「EyeFi」にも対応しています。撮った写真をワイヤレスでパソコンに送信できる優れもの。
EXILIM EX-Z400 1-7
充電器はケーブル付なので電源タップでも邪魔になりません。
早速適当に写真を撮ってみます。
EXILIM EX-Z400 1-8
液晶モニタの表示はこんな感じ。右側にアイコンがずらっと並び、今どんな設定なのか一目でわかります。SETボタンを押せばそのまま設定項目が出現します。
フラッシュをOFFに設定したのみであとは全て初期状態で撮ってみました。
EXILIM EX-Z400 1-9
普通に撮れた。AFもしっかり効いてくれて一瞬でピントが合います。室内でフラッシュがないにもかかわらずブレることなく撮れてました。ただ最大の解像度で撮ると書き込みに時間がかかるので書き込み中の表示がけっこう出ます。
次に手持ちのRICOH R10で同じようにフラッシュOFFのみで撮ってみました。
RICOH R10
手ブレーーーーッ!!
R10だと被写体が黒いためかAFがウィーンとなりっぱなしで全然合ってくれず。マルチAFからスポットAFに変えてなんとか合いました。でもブレた。
両方のExif情報を見てみると、EX-Z400は絞り値f/3.6、露出時間1/15秒、ISO速度ISO-400なのに対し、R10は絞り値f/4.2、露出時間1/3秒、ISO速度ISO-200となっていました。
詳しくわからないけど、EX-Z400はISO速度が上がったのでシャッタースピードが速く、ブレずに撮れた。一方R10はISO速度が200なのでシャッタースピードが遅くなり、その結果ブレまくった。ってことでいいのかしら。
どちらにしても何の設定もせずにしっかり撮れるのはいいですね。「押すだけキレイ」ってのも納得。普段ほとんど設定しないで撮る人でもしっかり撮れます。
ダイナミックフォト
ダイナミックフォトは1秒間に20コマの写真を連続撮影し、その後同じ画で被写体の無い写真を撮影、自動的に背景を切り抜いた画像にして別の背景写真と合成してくれる機能。
切り抜いた20枚の画像をダイナミックスタジオにアップロードすれば携帯用やPC用の様々な形式の動画に変換してくれます。
動画の合成というと、SF映画のメーキングに出てくる青い背景の何も無いところで俳優が演技し、あとからCGと合成、みたいなのを思い浮かべます。さすがにあんなレベルのものはできませんが個人で手軽に合成動画ができるようになった第一歩な気がします。
とりあえず何か撮ってみようと試した感想は・・・難しい!
最初は自分の手とか撮ってたんですが、影も一緒に切り抜かれてぐちゃぐちゃな画像になってしまって断念。他に何かないかと撮ってできた動画が↓

砂漠の上を転がる乾電池という全く意味不明な映像w
たまたま目の前にあった乾電池と、PCにあった砂漠の写真をモニタ越しに撮影して合成しました。
次はもっと意味のある映像にしよう・・・・
てかこれ切り抜いた画像の大きさ変えられないんですね。最初は電池が右端からフレームイン、左端へフレームアウトするつもりで撮ったんですが、後でマニュアル見てみたら、自動的に背景の4分の1の大きさに縮小されてしまうみたいです。そのために上の映像では右端をちょろちょろ動いているだけという状態になってしまいました。なかなか自由にはいかない。
続き→【レビュー】EXILIM EX-Z400で写真を撮ってみた(2)

【送料無料】★カシオ CASIO デジタルカメラ カシオ EXILIM「EX-Z400(ゴールド)」【税込】 …
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

COMMENT

  1. >CPUnlimitedさん
    スパムコメントを消そうとしたらなぜか一緒に消えてしまいました…
    パーツとか撮るのに思い切り近寄れるのはいいですよね。私もR10のマクロで遊んでいます。EX-Z400はあまりマクロは強くありませんが手軽にHD動画が撮れるので動画レビューにも使えそうです。

  2. お返事ありがとうございます。
    R10は1cmマクロ付いてますね! 店頭でブラックモデルを見た時、カッコイイなぁと思いました。
    写真でのレビューもいいですが、動画レビューは一度にいろいろな角度から見ることができるのでとても良いですよね。

  3. 仕事柄カメラは詳しいのでアドバイスを。
    ISOは速度ではなく感度ですね。詳しく説明すると頭がパニクると思うので割愛です。ISOはチュエーションに合わせ変更するのが基本なのでR10は屋外向けになっているということですね。蛍光灯の室内、手持ち撮影であればISO400に設定すれば失敗も少なくなると思いますよ。
    目安としては晴天100~200、曇り200~400、室内400~、夜景800~で覚えるといいですよ。

  4. >CPUnlimitedさん
    最近のデジカメに比べたらけっこうデカイですがあのいかにもカメラって感じの四角さに惚れました。
    最近はYoutubeでもHDに対応しているのでかなりきれいな動画で紹介できますね。
    >ラッテさん
    なるほどー!すごい勉強になります。ISOなんて今までほとんど自分でいじったことなかったので。
    400以上になってくるとけっこうノイズが目立ちますね。難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA