【レビュー】PowerDVD9 UltraでBlu-rayディスクを観てみようか

PowerDVD9 Ultra
前回はDVDの画質についての記事でしたが、Blu-rayドライブを購入したのでいよいよBDを観てみようと思います。ついでにスゴ録で録画したCPRM対応のDVDも。
前回までは体験版を使っていました。ドライブを買ったら製品版を購入しようと思っていたそんな矢先、このブログに神が舞い降りました。
右にあるフォームからメールが届いたんですが差出人がcyberlink.comのドメイン。
内容を見てみると前回の記事を読んでいただいたらしく、体験版を使っているようなのでフルバージョンの製品版でレビューしていただけませんかと。製品開発の参考にしたいとのこと。
始めはいたずらか?とか新手の詐欺?とか疑いましたが、メールアドレスはcyberlinkだし、使わせてもらえたらこんなうれしいことはないので返信してみました。


PowerDVD9 Ultraゲット!!!
も、もらっちゃった・・・う、うれしい・・・
最近レビューをすることが趣味の一つとなりつつあり、モノを買ったからレビューを書くんじゃなくてレビューを書くためにモノを買ってるんじゃないかと言える状況。モノフェローズを通じていろいろレビューをさせてもらったりもしてますが、メーカーから直接コンタクトがくるなんてこんな光栄なことはありません。
でももらったからにはきっちりレビューしないといけない。
率直な感想をと言っていただいたし、いい製品を作ってもらうためにも媚を売るような記事を書くつもりもないので悪いところもきっちり書かせていただきます。
ということでいただいたPowerDVD9 UltraでBlu-rayを観てみました。
ソフトはDMM.comからレンタルした「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」です。
使用しているBlu-rayドライブはBaffaloの「BR-816FBS-BK」、PC環境はこちら。公式の推奨環境を見ると同じ名前のCPUもVGAもありませんが、デュアルコアで2.5GHzだし、HD4550の512MBだし、環境は満たしているはず。VGAのドライバは最新のCatalyst 9.2です。
視聴開始。
鑑賞上の注意
アニメなのでまずは鑑賞上の注意から・・・・・・・・・・
・・・・・・・・(1分経過)・・・・・・・・・(2分経過)・・・・・・・・・長くね?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先に進まないwww
たぶん50秒くらいの表示なんですが、延々と時間がカウントされてゆく。
おかしいなと思って停止ボタンを押したらフリーズ。
いきなり問題発生orz
タスクマネージャを見てみると、PowerDVD9のプロセスが両コアともCPU使用率50%の状態のまま。
強制終了してディスクを入れなおしたりしてみても変わらず、悪いときは最初の読み込みの%表示で止まる状態でした。
ドライブもアクセスランプを見るとどうも再生を始めてからほんの数秒しかアクセスしてないっぽい。
ドライブかディスクが悪いのかと思ったのでBR-816FBS-BKにバンドルされてたPowerDVD7で見てみました。
PowerDVD7
問題なし。
カクつくこともなく再生されます。BDだとハードウェア再生支援が有効になっているみたいでCPUは15%~20%程度しか使っていませんでした。
どうやらPowerDVD9に問題があるようです。試しにインストールしなおしてみたりもしましたが変わりませんでした。
もうちょっと検証してみようと思って違うソフトも借りました。
virtual trip TAHITI HD SPECIAL EDITION
タヒチの美しい映像が癒しの音楽に乗せて流れるだけのBGV。
なぜかこちらは再生可能でした。ソフトによって何か違うんでしょうか。
これが不具合なのか、環境に問題があるのか詳しくはわかりませんがもし直せるならアップデートしてもらいたい。古いバージョンでできることが新しいバージョンでできなくなるってのはなんかおかしい。しばらくの間はDVDは9で、BDは7で観ることになりそうです。
あ、CPRM対応DVDの方は問題なく観れました。よかった。
アップデートお願いします!CyberLinkの人!!
【サイバーリンク&ベクター共同企画】新バージョン発売記念!
3/31まで 10%OFF

CyberLink PowerDVD9
BUFFALO BD-R/RE対応 SATA用 内蔵ブルーレイドライブ ブラック BR-816FBS-BK
続き→【レビュー】PowerDVD9 UltraでエロBlu-rayを観てみようか
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  1. Blu-rayを観るためにPCを自作してみた!ものの…

    グラフィックボードとサウンドカードをロープロファイルPCI対応のものではなかったことに気付き、急遽、ケースをスリムタイプからミニタワー…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA