ビデオカードをLeadtek製GeForce GTX260に交換

WinFast GTX 260 EXTREME+ V2 (1)
WinFast GTX 260 EXTREME+ V2 (Leadtek Limited)を購入いたしました。
GTX275が出るという噂を耳にしていたので、それを待ってみようかと思ってみたりしましたが我慢できずに先に買っちゃいました。しかし、GTX275の詳細が明らかになり、それほど安くない、消費電力がGTX285以上という失敗に終わりそうな製品だったので先に買って正解だったと確信。
WinFast GTX 260 EXTREME+は発売時期によってバージョンが異なり、V2以降はストリームプロセッサ数216基、55nm版と分かっています。最新はV3ですがTV出力カット、10層基盤から8層基盤、パーツの低コスト化等コスト削減したバージョンなのであえてV2を。しかも22,800円とOC版にもかかわらずかなり安く買えました。
9800GTX+の不具合で評判落ち気味のLeadtekですが、GTX260に関してはそれほど問題は出てないっぽい。
まずは取り付けから。メインマシンのNine Hundred Twoの他、SoloやP182にも取り付けできるのか検証してみました。


WinFast GTX 260 EXTREME+ V2 (2)
まずはカードの外観。
デカイ・・・箱を開けてビビりました。
弁当箱、というより小学生のときに使っていた特撮やアニメの筆箱を思い出した。ボタン押すと鉛筆とか飛び出るやつ。
GeForce GTX 260 & GeForce 8800GT
8800GTと比較。3,4cm長いです。
GeForce GTX 260 in Nine Hundred Two (1)
取り付け完了!けっこうギリギリですが無事ケースに収まりました。電源コネクタがカードの横に付いているのでケーブルが干渉することもありません。
GeForce GTX 260 in Nine Hundred Two (2)
6ピンの電源ケーブルを2本使います。PCIスロットも2本。中段ケージにつけていたHDDはケージの一番上へ移動しました。2段目と3段目は無理っぽい。入らないことはないですがHDDのケーブルが干渉するのでおすすめできません。L字のSATAケーブルならいけるかも。

GeForce GTX 260 in Nine Hundred Two (3)
GeForce GTX 260 in Nine Hundred Two (5)
GeForce GTX 260 in Nine Hundred Two (6)



写真を撮りまくってみました。こういう時にRICOH R10だとマクロで思いっきり寄れるので便利です。フラッシュなしで手持ちだと確実に手ブレするので三脚は必須。
3枚目の写真を見ればわかりますが、GA-EP45-UD3Rでは、ファンのついている場所の真下にSATAコネクタが位置しているのでケーブルの処理に注意が必要です。ケーブルを曲げて吸気口周辺を開けておかないと窒息しかねません。特に私の場合ケーブルが5本もついているので苦労しました。
カード幅は狭くなったからサイドパネルにファン付けられる!と試してみましたが今度はThor’s Hammerが干渉して付けられずorz
固定する前に確認のためSOLOとP182にも入るか試してみました。
まずはP182から。
GeForce GTX 260 in P182
今は空っぽなので当てるだけ。余裕で入ります。でも中段にファンは付けられません。HDDを載せるのもけっこうきつそうです。
続いてSOLO。
GeForce GTX 260 in SOLO
無理www
カードを傾けてなんとかケースに入れてみるも・・・
GeForce GTX 260 in SOLO
無理www
奥まで差せませんでした。どうしてもつけるならHDDケージを加工する必要がありますね。
ということでまたNine Hundred Twoに戻して固定。起動してみます。
その前に念のためドライバを削除しておき、ForceWare 182.08をダウンロードして入れました。
GeForce GTX 260 at GPU-Z
GPU-Zです。55nm、Shaders 216としっかり表示されております。
この時点での温度は36℃、ファンの音は起動時に一瞬全開になりますがその後は静かです。てかケースファンの音で全く聞こえません。
次の記事でベンチマークしてみます。
WinFast GTX 260 EXTREME+ V2 のベンチマーク
WinFast GTX 260 EXTREME+ V2 (PX GTX260 EX+V2) – coneco.net 価格比較
WinFast GTX 260 EXTREME+ V3 (PX GTX260 EX+V3) – coneco.net 価格比較

  1. こんにちは!
     流石にかっこいいですねw あの黒いズッシリとしたファンがなんとも言えない(〃ー〃) 裏配線できるTwoがほんと羨ましいですorz 900だと電源ケーブルまとめると図太い状態になってしまうので結線すると絶対に入りませんw かといって電源コードをぐちゃぐちゃに放置しておくわけにもいかないので… つけるんならケースを変えないといけませんね、900だとw

  2. このボードって低負荷時のダウンクロック機能はあるんですか?

  3. >ふぁいたさん
    確かに裏配線がないと難しそうですね。カードでケース内が分断された状態になるので太いケーブルは通らないかもしれません。
    >きむさん
    コメントありがとうございます。
    気になったので調べてみましたが、どうやら3段階にクロックを変動するようです。
    詳しくは後で記事にしてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA