GeForce GTX 260からHDMIで映像と音声を液晶テレビに出力

Leadtek WinFast GTX 260 EXTREME+ V2の付属品にDVI-HDMI変換コネクタがついていたので、HDMIで液晶テレビ(BRAVIA)へ接続してみました。
以前サブマシンのRadeon HD4550でも設定しています。
HD4550のHDMI端子から映像と音声を液晶テレビに出力
HD4550にはビデオカードに標準でHDMIコネクタがついていたのでGeForce GTX260ではちょっと接続方法が違います。


まずはビデオカードを取り付けたら、音声出力のために付属するSPDIFケーブルを接続する必要があります。
GeForce GTX 260 HDMI出力(1)
GTX 260の電源コネクタの横に小さな穴があるのでそこへケーブルを接続します。
GeForce GTX 260 HDMI出力(2)
もう片方のケーブルはサウンドカードのSPDIF_IOへ。SPDIF(赤)とGround(黒)の2本のケーブルがあるので、XtremeGamerのコネクタには8本のピンがありますが、写真のように左上の一番左にSPDIF、その右側にGroundのケーブルをつなぎます。
オンボードの場合は、マザーボードにSPDIF_Oと書かれた2本のピンがあるのでそこへ。GA-EP45-UD3Rなら上から4番目のPCIスロットの辺りにあります。
GeForce GTX 260 DVI-HDMI変換コネクタ
あとは変換コネクタを使ってHDMIケーブルで液晶テレビと接続。
HDMIセレクター
以前も紹介した格安HDMIセレクターでHD4550、HDDレコーダー、そしてGTX260とつなぎました。
しばらく使っていますが特に問題なし。接続したり電源を入れると自動で切り替えてくれるので便利です。
UMA-HDMI301+ケーブルセット
NVIDIAコントロールパネル
問題なく認識されましたが、解像度がおかしくなっていたのでNVIDIAコントロールパネルから解像度を設定します。ハーフHDなので1360×768。フルHDなら1920×1080に設定。
BRAVIA
正常に表示されました。何も設定していませんが音声もテレビのスピーカーから出ています。
最近の液晶モニタはHDMIに対応しているものも多いのでこの方法で出力が可能です。
GeForce GTX 260の商品検索
WinFast GTX 260 EXTREME+ V2 (PX GTX260 EX+V2) – coneco.net 価格比較
WinFast GTX 260 EXTREME+ V3 (PX GTX260 EX+V3) – coneco.net 価格比較
★★★★★ HDMI付おすすめフルHDモニタ ★★★★★
BenQ 液晶モニタ グロッシーブラック E2200HD
I-O DATA HDMI搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ 黒 LCD-MF221XBR
ベンキュー BenQ 24型 LCDワイドモニタ G2411HD(ブラック) G2411HD
液晶モニタ 人気商品ランキング – coneco.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA