メインマシンをWindows VistaからWindows 7にアップグレード

先日サブマシンにWindows7をインストールしましたが、使ってみて特に大きな問題もなかったのでメインマシンも思い切ってWindows7 RCにしてしまいました。しかも新規インストールではなく既存のVistaからアップグレードインストール。
とはいえ、不安もあるのでいつでも戻せるようにAcronis True ImageでVistaを完全バックアップし、パーティションごと復元できるようにしてからアップグレードインストールを行いました。


Windows 7 (1)
Vistaを起動した状態でWindows7 RC版のDVDを入れると上のようなウィンドウが立ち上がります。まずは現状のソフト等がそのまま使えるかどうか互換性を確認することができます。
Windows 7 (2)
チェックの結果、ESET Smart SecurityとDaemon Toolsが引っかかりました。念のためこれらをアンインストールしてからアップグレード開始。
Windows 7 (3)
現状をそのまま残すのでアップグレードを選びます。新規インストールよりもけっこう時間がかかりましたが途中トラブルもなくアップグレード完了。
Windows 7 (4)
デスクトップはこんな感じになりました。Vistaで使っていたサイドバーガジェットも問題なく動作、と思ったらMultiMeterとHWMonitor Meterの一部表示がおかしかったので、ドライブレターが変わってしまったのを元に戻し、GTX260のドライバを入れなおして正常になりました。
GeForceのドライバはインストール直後はMicrosoft提供のドライバになっていたのでNvidiaからWindows7用のGeForce/ION Driver Release 185.85を入れました。
その他のドライバについては、PV4のドライバが認識されなかったのでインストールし直したくらいです。
チェックで引っかかったソフトについては、ESET Smart Securityはインストールし直して問題ありませんでしたが、Daemon Toolsについては途中再起動でループしてしまってインストールできませんでした。代わりのソフトとしてVirtual CloneDriveを入れました。
その他のソフトは全て確認してませんがほとんど問題なし。Vistaで動くなら大抵動くようです。
Windows 7 (5)
エクスペリエンス インデックスの結果です。MAXの7.9にはなりませんでしたがCPUとメモリは7.4と高い数字になりました。オーバークロックと1066メモリのおかげか。
グラフィックスについてはGTX260でも6.5。7.9にするにはSLIとかしないと無理ですね。
HDDについてはRaid0を組んでいるにもかかわらずなぜか単体のスコアと変わらない。なんでだろう?
不具合の起きやすいアップグレードインストールでしたが特に問題なく完了しました。心残りなのはムービーメーカーが無くなってしまったことくらいかなぁ。
Vistaに比べると起動時間も早くなって快適です。
さらに快適にするために以下の設定も行いました。
・管理ツール→サービスでWindows Searchをオフ
・管理ツール→サービスでSuperFetchをオフ
・システムの復元を無効
上の2つは無駄なHDDへのアクセスをなくすため。キャッシュを作り続けるので頻繁にHDDランプが点滅してうざいです。ファイル検索なんてほとんど使わないし。
システムの復元は今までほとんど使ったことないし、使っても成功したためしがないしw
Acronis True Imageで定期的にバックアップするので問題なし。
Acronis True Image 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA