P182の裏配線大公開!

P182が人気の理由の一つに裏配線ができるという特長があります。かさばる電源ケーブル等をマザーボードの裏側に通すことでケース内の空間が保たれてエアフローがよくなります。

下の写真はあまりきれいではないですがうちのPCの裏側です。右上に通した8ピンの電源ケーブルの長さが足らず、延長ケーブルを繋いでます。マザーボードのコネクタの位置とケーブルの長さによって届かないことが多いので事前に確認したほうがいいと思います。余ってたIDEのHDDを1台だけ載せているのでフラットケーブルも繋いであります。裏配線をする場合、スマートケーブルだと太くて蓋がしまらなくなる可能性があるので、フラットケーブルの方がいいかも。

→PCの構成はこちら

COMMENT

  1. はじめまして、こんばんは。
    偶然サウンド増設でヒットしてみてみると、自作PCの構成がほとんど同じで、裏配線を見て驚きです。ケースも電源も同じですが私の場合は中のコードが塊になってて早速参考にして、裏から通してみます。
    またちょくちょく見させて頂きます。

  2. はじめまして。コメントありがとうございます。
    参考にしていただけるなんて光栄です・・・
    これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA