MacBook Pro 2.8GHz のベンチマーク(Snow Leopard編)

Snow Leopard
前回はLeopardでのベンチマークでしたが、AppleのMac OS X Snow Leopard Up-to-Dateプログラムで980円でSnow Leopardのアップグレードディスクを購入したので早速Snow Leopardにしました。
インストールは簡単でディスクを入れて開始するだけ。トラブルもなくアップグレードが完了しました。


Xbench
Xbenchのスコアから。
左側の数字がLeopard、右側がSnow Leopardです。スコアが伸びたところもありますが、グラフィックテストやディスクテストではほとんど下がっていました。全体としてのスコアも伸びず。
ibench
続いてibench。
こちらでは全体的なスコアは上がっています。
ついでにCINEBENCH R10でも試してみました。
CINEBENCH R10
Processor : Intel Core 2 Duo
MHz : 2.8GHz
Number of CPUs : 2
Operating System : OS X 32 BIT 10.6.0
Graphics Card : NVIDIA GeForce 9400M OpenGL Engine
Resolution :
Color Depth :
****************************************************
Rendering (Single CPU): 3248 CB-CPU
Rendering (Multiple CPU): 6055 CB-CPU
Multiprocessor Speedup: 1.86
Shading (OpenGL Standard) : 5110 CB-GFX
****************************************************
ちなみにメインPCでのスコアはこちらの記事に掲載してあります。
デュアルコアとクアッドコアなので差は当然としてそれなりの結果に。
Leopardもあまり使っていないのでSnow Leopardでどう変わったかいまいち体感できてはいませんが、使っていてストレスを感じることはほとんどありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA