MacBook Pro 15″のHDDをIntel X25-M SSDに換装してみた

MacBook Pro
標準では500GBの2.5インチHDDを積んだMacBook Proですが、Intel X25-M 80GBに交換し、ベンチマークやMac OSの起動速度を比較してみました。


まずはHDDを取り外すために、裏面のカバーをはずします。
MacBook Pro
ネジを外すために精密ドライバー(#0)が必要です。
VESSEL 精密ドライバーセット TD-56
MacBook Pro
カバーをはずすとすぐにHDDが現れます。
固定されているので、四隅の黒いネジを外します。
MacBook Pro
HDDからコネクタを外し、HDDを取り出します。
MacBook Pro
搭載されていたHDDはHGST 5K500(5400RPM/500GB)でした。
MacBook Pro
HDDを固定していた金具を取り外すために、トルクスドライバー(T6)という六角星型の特殊なドライバーを使います。なければペンチとかではさんで回しても取れるかも。
アネックス(ANEX) スーパーフィット精密ヘクスローブドライバー T6×30 No.3543
MacBook Pro
外した金具を今度はSSDに取り付けます。
MacBook Pro
コネクタを取り付け、ネジで固定します。あとは本体のカバーを閉めれば完了です。
MacBook Pro
予めTime Machineでバックアップを取っておいたので、DVDから起動して復旧を行います。
MacBook Pro
SSDなので復旧もちょっと早いかも。
特に問題なく復旧し、以前の環境が戻りました。
まずはXbenchのDisk Testで速度を測ってみます。
MacBook Pro MacBook Pro
左がHDD(HGST 5K500)、右がSSD(Intel X25-M 80GB)
スコアは 49.24 : 253.62 と5倍w
読み込み、書き込みともにHDDを上回っています。
続いてMac OSの起動速度を比較してみます。
アプリケーションの起動速度も測るため起動項目にPSDファイルを設定し、Photoshopが自動的に立ち上がるようになっています。

SSDが約32秒、HDDが約1分4秒とほぼ倍の速さ。特にPhotoshopの起動が速く、ロゴすら表示されていません。
Mac OS XもSSDのTRIMをサポートする予定?
こちらの記事によるとMacでもTRIMが使えるようになるとのことですが、私のMacBookでシステムプロファイルを見ても同じ項目はありませんでした。新しいモデルじゃないとだめなのかな?

Intel Boxed SSD 80GB SATA 2.5 SSDSA2MH080G2R5
インテル
売り上げランキング: 2433
おすすめ度の平均: 5.0

5 SSD The Best Upgrade You Can Buy
4 割と良いです。
5 笑える速さ。もうHDDには戻れない
5 OSのブートドライブに最適です
5 満足!

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA