個人輸入で EVGA X58 FTW3 (132-GT-E768) を購入

EVGA X58 FTW3
2010年5月に発売されたEVGAのX58最新マザーボード「EVGA X58 FTW3」を購入しました。
まだ発売されたばかりで日本で売ってるところはまだないっぽいので、スピアネットの転送サービスを利用して、amazon.comで購入し個人輸入してしまいました。


スピアネットは無料の会員登録をすることで、IDのついたアメリカの転送用住所がもらえます。
この住所をamazon.comやebayなどのショッピングサイトの発送先に入力することでスピアネットが日本へ転送してくれます。
以前CWCH50を買ったときも利用したのでこれで2回目です。
amazon.comでのEVGA X58 FTW3の価格を見ると、3年保証の132-GT-E768-KRが約$280、2年保証の132-GT-E768-TRが約$263。
海外へ修理に出すことはたぶんなさそうなので132-GT-E768-TRにしました。
この金額に加え、amazonの送料が約$5、スピアネットの送料&手数料は重さが2.7kgほどだったので$43。
合計で$311ほどで買えました。カード決済で1ドル92円くらいだったので、28612円。
あとなんだかよくわかりませんが受け取り時に日通から600円とられました。国内送料?
たぶん日本で販売されたら安くても35,000円くらいにはなりそうなのでかなり安い。
海外から買ってるので初期不良とかあったらかなりめんどくさいことになるんですけどねwならないことを祈るのみ。
まだ組んではいませんがとりあえず通電することは確認しました。
EVGA X58 FTW3
開封。
精密機器なのでちょっと不安はありましたが箱のつぶれなどはありませんでした。
EVGA X58 FTW3
今使っているFlamingBlade GTIに比べるとあっさりした梱包。
EVGA X58 FTW3
付属品一覧
■ マニュアル冊子
■ ビジュアルガイド(日本語対応)
■ ドライバCD
■ ロゴシール
■ I/Oパネル
■ SATA電源分岐ケーブル
■ PCIスロット用IEEE1394aブラケット
■ PCIスロット用4ポートUSBブラケット
■ SATAケーブル6本
■ IDEケーブル
■ 2-Way SLIブリッジ
■ 3-Way SLIブリッジ
かなり豪華ですw
EVGA X58 FTW3
マザーボードは黒ベースでかなりカッコイイです。
EVGA X58 FTW3
CPUソケット周辺。ノースブリッジのデカイヒートシンクが目立ちます。
EVGA X58 FTW3
メモリスロットは6本。
EVGA X58 FTW3
SATAポートは8基。うち2基は6Gbps対応です。
EVGA X58 FTW3
拡張スロットは上からPCI-E x16、PCI-E x1、PCI-E x16、PCI、PCI-E x16、PCIの順。
3-Way SLIにも対応しています。
EVGA X58 FTW3
バックパネルはUSB3.0が2ポート、USB2.0が8ポート、LANが2ポート、そしてClear CMOSボタンなるものがついてます。
各部位の配置は以下の通り。
EVGA X58 FTW3
EVGA X58 FTW3 製品スペック

対応ソケット LGA1366 (Intel Core i7)
チップセット Intel X58 Express + ICH10R
メモリ DDR 1600MHz+ (6スロット/最大24GB)
オーディオ Realtek ALC889
LAN Realtek 8111E (2)
拡張スロット PCI Express x16 (3) 2-Way/3-WaySLI対応
PCI Express x1 (1)
PCI (2)
SATA3Gb/s 6
SATA6Gb/s 2
USB 2.0/1.1 12 (外部8/内部4)
USB 3.0 2
IDE 1
IEEE1394a 2 (外部1/内部1)
フォームファクタ ATX (304.8mm x 243.6mm)

FlamingBlade GTIの体験レビュー中なので組むのはまだ先になりそうですがちょっと楽しみです。
つい最近ですが、リンクスインターナショナルがEVGAと代理店契約を結び、マザーボードもこれから販売していくようなのでしばらく待てば日本でも手に入りそうです。
(追記)
日本でも取り扱う店舗が出てきました。国内代理店保証付きなので安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA