HP MediaSmart Server EX490 レビュー 「iPhoneからリモートアクセス&ストリーミング」

HP MediaSmart Server EX490
前回の記事で紹介した「HP Media Streamer」、「HP Video Converter」を使って動画ファイルを変換し、iPhoneからリモートでのストリーミング視聴を試してみました。

12491-1386-181250


HP MediaSmart Server レビュー INDEX
外観・スペック
セットアップ・ベンチマークと消費電力
基本機能
PCやゲーム機でメディアファイルをストリーミング
iPhoneからリモートアクセス(イマココ)
1.リモート接続設定
まずは外部からリモート接続できるようにサーバーを設定する必要があります。
EX490 リモート接続設定
コンソールから設定画面を開き、リモート接続のセットアップを開始します。
UPnP対応のルーターを使っていれば自動でセットアップが完了しますが、エラーが出てしまいました。
理由は別のWHS機が動作していたから。同じポートを使うので基本的に同じネットワークに2台以上接続はできません。別のWHS機を落として再度セットアップを行いました。
ポート開放
UPnPに対応していないルーターを使っていたり手動でセットアップしたい場合は、ルーターのポートを開放します。
開放するポートは以下の3つ。
・TCPポート:80
・TCPポート:443
・TCPポート:4125

EX490 リモート接続設定
ルーターの接続が完了したら、次はDDNSサービスの設定です。DDNS(Dynamic Updates in the Domain Name System)とは、一般的にWEBサーバー等はwww.yahoo.co.jp→124.83.147.203のように、一つのホスト+ドメインに対して一つの固定IPアドレスに対応しています。しかし、家庭などでプロバイダを利用する場合、接続するたびにIPアドレスが変わってしまいます。これを常にホスト+ドメイン=IPアドレスに対応してくれるのがDDNSサービスです。
EX490ではTZO.COMのDDNSサービスが1年間無償で利用できます。
リモート接続
いくつかのドメインが用意されていますが、hpmediasmart.comで取ってみました。
2年目以降は有償なので、ドメインにこだわりがなければWindows標準のDDNSを利用した方がいいかもしれません。
Windows LiveでWHS専用のダイナミックDNSサービス(homeserver.com)が使えます。
2.HP Video Converter で動画エンコード
リモートでストリーミング視聴するために、iPhoneに対応したMPEG-4に変換します。
HP Video Converter
コンソールから、まずは変換するプロフィールを作成します。
そして変換したい動画ファイルが入っているフォルダを選択。フォルダ内に複数の動画ファイルがあれば一括で変換ができます。
HP Video Converter
なんとDVDまで変換できちゃいます。VIDEO_TSフォルダをサーバーに突っ込んでおけばDVDをmp4に変換できちゃう。クソ便利。
DVDの中身は大抵メニュー、本編、特典のように分かれているので、最長のタイトルを選んでおけば本編のみを変換することができました。
HP Video Converter
出力する動画の設定を行います。
フルHD、PSP、iPhoneなど、予めいくつかのデバイスのフォーマットが用意されています。iPhoneではQVGA。もちろん自分でカスタマイズしてビットレートなどを調整することも可能です。
HP Video Converter
設定が完了すると順次フォルダ内の動画ファイルが順次エンコードされます。
CPUがCeleron 450なので相当時間がかかると思っていましたが思ったより遥かに速い印象でした。
3.iPhoneにHP MediaSmart Server iStreamをインストール
iPhoneでストリーミング視聴するには専用のアプリをインストールする必要があります。App Storeで無料でインストールできます。
HP MediaSmart Server iStream
サーバーの設定では、先ほどDDNSで取得したサーバー名(*****.hpmedhiasmart.com)とサーバーに設定したアカウントを入力します。
ローカルで接続する場合はサーバー名をローカルのIPアドレスにします。
HP Video Converter
再生できました!
リモート接続でも途中で止まったりすることなくスムーズ。QVGAですが画質はかなりいいです。
残念ながらWi-Fi限定で3Gでは視聴できませんが3Gでストリーミングできる画質なんてたかが知れてます。
今回はDVDと1080pや720pのMP4・WMVなどを変換してみましたが、時間があればTSファイルなども試してみたかったんですが返却しなければならなかったので間に合わず。
これが可能ならPT2等を使って録画しサーバーへ保存、サーバーでエンコードと一連の作業を自動でできそうだなとか考えてみたり。
2chとかを見てみるとCPUを換装している方も多いようですね。エンコードするにはCeleronではちょっと非力なのでもし購入したらCPUを換装してみたいです。
セカンドマシンで使っているE5200にすればEX490の法人モデルであるHP StorageWorks X510 Data Vaultと同じスペックになってしまいます。もちろん保証が受けられなくなるのでデメリットもありますが。
ジャ○ネットとかの通販では「パソコンは一人に一台の時代です」などと社長が必死に訴えておりますが、もうそんなのは当たり前、これからは「一家に一台ホームサーバー」の時代です。
HP MediaSmart Server EX490

12491-1386-181250

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA