【N-04Bレビュー1】瞬撮ケータイで瞬撮してみた

モバイル

N-04B
docomoとiPhoneの2台持ちでがんばっておりますが、久しぶりにdocomoの“ガラケー”を買い換えました。
今まで使っていたのはSO950i。買ったのはいつだろうとブログを読み替えてみたら、2007年12月。約3年ぶりの機種変更です。
買い換えたのはdocomo PRIME series N-04B。ずっとソニエリでしたが今回はNECです。
2台を使い分けていおり、docomoの方はほぼ通話専用なので今まで使っていて不満はないんですが、docomoのポイントがごっそり貯まっていたのと、仕事で最新の機種が必要な場面もあり、ついに替えました。


基本的な内容はconeco.netでもレビューしております。
docomo PRIME series N-04B (Black Motion)のレビューと評価: 瞬撮してみた [coneco.net 商品レビュー]
この記事では写真をメインにしたレビューとなります。
買い換えるにあたって、購入する機種の条件は以下の通り。
・機能豊富でいろいろ遊べそうなのでPRIMEシリーズ。
・Wi-Fiを使ってみたい。
・メーカーにこだわりはなし。
・見た目。
Wi-Fi対応ってだけで最新機種はN-04B、F-06Bに絞られますが、デザイン的にN-04Bを選びました。買ったあとで知りましたが2010年度グッドデザイン賞も受賞しています。さすが俺。
まずは外観のチェックから。
N-04B
カラーはRed MotionかBlack Motionかで悩みました。結局は無難に黒。
最初は光の当たり具合かと思いましたが、本体表面に黒からグレーへのグラデーションがかかっています。
N-04B
キーは一つ一つが大きめで、男性が親指で操作しても押し違えることは少ないと思います。よく急いで打ってると隣のキーまで押してしまうことがあるのでその心配はなさそう。
しかし、キーに凹凸が少なく、フラットなので、慣れるまでは境目が分かりにくくて押し間違えることがありました。
そして中央に位置する丸い決定ボタン。指でぐりぐりと動かすことでニューロポインターとして使えます。画面上にカーソルが現れマウス感覚での操作が可能になります。けっこう便利。
N-04B
カメラは1220万画素で4000×3000ピクセルの静止画が撮影できるほか、720P(1280×720)のHDムービーも撮影可能。
そしてこの機種の特長でもある「瞬撮」。実際に撮った静止画や動画、瞬撮の時間を動画にして↓へ掲載します。
1220万画素というと、印刷解像度350dpiでちょうどA4サイズの大きさ。携帯でここまで必要かってのは疑問ですがw
N-04B
開いた状態にすると、アークラインデザインと呼ばれる若干カーブのかかった形状になります。つなぎ目の目立たないきれいなラインなので見た目にも美しいほか、カーブがフェイスラインにフィットして通話もしやすくなります。
N-04B
携帯としてはフルスペックの機能を搭載しながらもこの薄さ、カメラ部分だけ少し厚くなってますが、薄い部分だけを見るとSO905iより1cm近く薄くなりました。

■ 瞬撮

N-04Bの一番の売りとなっているのが、CM等でおなじみの「瞬撮」。
CMに出てたのはあの“イエニスタ”土田さんですし、瞬撮っていったって実際はそれなりにお時間がかかるんでしょ?と全く購入前は期待していませんでしたが、試しに撮影しているところを動画で撮影しました。

カメラ起動は0.6秒と言われていますが、パカッと開いて、カメラボタンを押して、被写体を捉えて、シャッターボタン、でスムーズにいって大体5秒くらいでしょうか。速いです。
デジカメだとどうしても最初に電源を入れなければならないので、咄嗟に撮りたい場合などに不向き。携帯なら常に電源入ってるし、取り出して数秒で撮影できるのでいろんな場面で使えそう。
でも保存にはやっぱり多少時間がかかります。保存先を本体にしているならそれなりに高速ですが、普通の人はmicroSDにするはず。保存先をmicroSDにして、最高解像度で撮影したところ、保存にかかる時間は約3秒。1枚4MBもあるので仕方ないですね。
瞬撮するなら予め解像度を低めにしておいた方がいいかもしれません。
設定でカメラボタンをムービーにしておけば瞬撮ムービーってのも可能です。
実際に撮影した写真はこちら。
N-04B
N-04B
モデルは近所の野良猫。これだけ近づいても逃げるどころか寝始めましたw
4000×3000で撮ったものをリサイズしています。画質は十分ですね。日中の屋外という状況であればデジカメ顔負けです。
N-04B
ちなみにこれが実寸サイズのトリミング。毛並みもしっかり撮れてます。
しかし、夜間や室内での撮影だと感度が高くなり、かなりノイズが出て汚い。ライトがけっこう明るいですがライトを使うと色がおかしくなります。
撮影モードはムービー、スピードムービー(スローモーション)、フォト、クイックショット、ビューティーモード(美肌+小顔)、アートフォトモード(デコレーション)、高感度撮影、連続撮影、240度パノラマ撮影とカメラだけでいろいろ遊べます。
アートフォトモードでデコった写真を載せておきますw
ねこ

■ ハイビジョンムービー

今度は動画です。
ハイビジョンムービーを撮影して、そのままYouTubeへアップロードしました。

HD画質で見る
画質はまあまあですが15fpsなのでけっこうカクカク。
ファイルサイズ設定で「10MB以下」と「長時間」の2つが選べますが、上の動画は10MB以下の設定で撮ったため、8秒程度の時間しか撮れません。制限のない「長時間」にして撮影してみたところ、撮り始めて2,3秒でmicroSDへの書き込み遅延が起こり、撮ることができませんでした。
microSDはPlanexのclass6対応のカードなので問題ないはずですが、不安なのでPCで速度を計測してみました。
読み込み、書き込みともに20MB/sは出ているので余裕なはず。
カードを差しなおしたり、フォーマットしなおしたりしてみたら多少改善しましたが、やはり数回に1回程度で遅延が起こりました。
なんとか撮れるようになったと思ったら、再生してみると今後は音がおかしい。ブツブツと途切れて聞こえたり、カタカタカタカタというまわりの音を掻き消すくらいの音が再生中ずっと鳴ってます。
アップロードした動画にはそんな音は入っていないしPCで再生しても聞こえない。どうやら携帯で再生したときだけ聞こえる音のようです。原因不明。
WEBで調べてみると、同様の現象になっている人もいて、AFの駆動音だと言われていますが、ならばPCで再生しても聞こえるはずだし、そんなレベルの音じゃない。
不具合的なものを感じます。
まだまだ安定して使えないレベルなんでしょうか。本体に何か問題があるんでしょうか。
撮影した動画の形式は全て3GPですが、中身はMP4っぽいので拡張子を.mp4に変えてみたら再生できました。
動画撮影については不具合なのかなんなのかよくわかりませんが残念な結果でした。
次の記事ではもう一つの特徴である、Wi-Fi接続とメディアスリンク(DLNA)を詳しくみていこうと思います。
【N-04Bレビュー2】Wi-Fi接続とメディアスリンク(DLNA)

11983-1386-184563
SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
mayhemrabbitをフォローする
Digitalyze

コメント

  1. microSDへの書き込み遅延はN-03DのHD動画撮影でも起こります。
    SDカードはクラス10です。カードリーダー仕様で問題なし。
    開発した人はこれほど遅延が発生することを知らないわけがありません。
    HD動画の保存フォルダ階層が深いことやSDカードとの接触が弱いこと、あと動画を変換し取り込む際の遅れ、CPUの処理速度不足など原因はいろいろ有りそうです。
    SD画質にて撮影すると遅延が起こりにくいです。

  2. 私のN03-Dでも、HD動画を無制限で撮影すると、毎回、書き込み遅延が起こっていました。microSDカードは、東芝のmicroSDHCカード 32GB Class10 です。SDカードの差し直し、フォーマットなどを試みましたが解決しませんでした。ところが、手元にあったTranscend microSDHCカード 16GB Class4に差し替えてみたところ、嘘のように、遅延せず動画撮影が可能になりました。東芝のSDカードに戻すと、遅延するので、接触不良等ではありません。書き込み遅延はSDカードとの相性かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました