SynologyのNAS DS411jにDSM 4.0 Betaを入れてみた

Synology DSM 4.0 beta
DSM(DiskStation Manager)とは、Synology社のNAS製品に搭載されているサーバーOSです。
その最新版となるDSM 4.0 Betaが公開されていました。我が家のDS411Jにはすでにデータがガッツリ保管されているので、Betaを入れても大丈夫かという不安はありましたが、レビューさせていただいている身としては試さずにはいられないということで入れてみました。


<Syonology DS411jのレビューはこちらから>

Synology 4ベイNAS DS411jをレビュー 【開封&設置編】
Synology 4ベイNAS DS411jをレビュー 【初期設定編】
Synology 4ベイNAS DS411jをレビュー 【便利な機能編】
Synology NAS DS411jをiPhoneやiPad2で使ってみた
Synology NAS DS411jのHDDを交換してみた
Synology NASの管理画面(DSM)を体験できるライブデモ

DSM 4.0 Betaへアップデート

まずはSynologyのサイトからDSM 4.0 Betaのデータをダウンロード。
Synology DiskStation Manager 4.0 Beta
製品別にデータが用意してあるので、DS411j用のDSM_DS411j_2166.patを落としました。
Synology DSM 4.0 beta
DSMのコントロールパネルからDSM更新を開き、手動更新で落としたデータを選択します。
Synology DSM 4.0 beta
アップロードを選択したら10分ほど待ちます。
Synology DSM 4.0 beta
しばらくすると新しい管理画面が出現。さらにかっこよくなった!ちょっとiCloudっぽい。
Synology DSM 4.0 beta
ログインしてまず目についたのは右側にあるウィンドウ。リソースモニタが表示されていて、CPUやメモリ、LANの使用状況が一目でわかります。便利。
全体的にレイアウトや操作はかわりませんが、デザインがより洗練された印象です。Mac OSっぽくも見えるしWindows7っぽくも見える。あいかわらず動作はキビキビしていてストレスレス。
Synology DSM 4.0 beta
パッケージセンターをのぞいてみると、Antivirus EssentialとCloud Stationという2つのBetaプログラムがあったのでインストール。

Cloud Station

Synology DSM 4.0 beta
Cloud Stationは、一言で言えばDropboxのようなリアルタイムでの同期がPC-NAS間でできるプログラム。
利用するにはPC用にソフトをインストールする必要があります。
DSM 4.0 BetaのページにあるPackages & Desktop Utilitiesから/download/beta/DesktopUtility/CloudStation/2166/winとたどってSynology-CloudStation-Setup-2166.exeをダウンロード。今のところWindows用しかないようです。
セキュリティソフトにノートンを使っていると、ダウンロードしたセットアップファイルがWS.Reputation.1として誤検知されてしまうのでオートプロテクトを切ってダウンロードしないと消されてしまうので注意。
インストールするとユーザーフォルダ内もしくは任意の場所にCloudStationというフォルダができます。Dropboxフォルダと同じような感じ。
外部のPCからCloudStationへ接続するにはルーターの6690番ポートをあける必要があります。
まだベータプログラムなのでいろいろと制限があったり、Forumを見てみると不具合もあるようです。
・100MB以上のデータを同期できない。
・ハードディスクが休止状態だと同期できない。
・ポート番号の変更ができない。
100MB以上扱えないのは残念ですが製品版ではきっと改善されると思います。
DropboxはiPhoneやiPadの様々なアプリと連動できるので便利ですが、速度が遅すぎてイライラすることが多くあります。CloudStationが使えるようになれば自宅の回線環境がそのままアップロード/ダウンロード速度になあり快適に使えるようになるでしょう。連携するアプリは少ないですが、専用の4種類のアプリがあるし、GoodReaderからはWebDAVで接続できるし、DropboxとCloudStationを上手く使い分ければいろいろと捗りそう。CloudStationの中にDropbox入れて両方同期させるとか。
またiPhone/iPadアプリのDS FileがアップデートされてiCloudにも接続できるようになりました。使い方が広がりまくり。

Antivirus Essential

Synology DSM 4.0 beta
読んで字のごとくSynology NAS用のアンチウィルスソフト!しかも無料!
UNIXやLINUX向けに開発されたオープンソースのClamAVエンジンが使われており実績もあるので信頼できそうです。
もちろん定義ファイルは自動更新してくれるし、スキャンする日時をスケジューリングすることもできます。
2,048MB 以上のファイルはすきゃんできなかったり、圧縮ファイルの検出率が低かったりと制限はありますが、NAS用のアンチウィルスってあまり見かけないのでうれしい機能が追加されました。

モバイルアプリ

DS file
DSM 4.0 betaの公開と同時期にDS file、DS audio、DS finder、DS photo+の専用モバイルアプリもアップデートされました。iPhone/iPadとAndoroidに加え、Kindle Fire専用のアプリも登場したようです。
DS fileDS file
DS fileを使えばCloudStationで同期されているフォルダへもアクセスできます。
DS file
iCloudにも接続できるようになり、NAS内のデータをiCloudへ移動・コピーができます。
Good Reader
Good Reader
最も利用頻度が高くなりそうなのがGood Reader。PCで作成したPDFの書類とかをCloudStationへ同期して、Good Readerで取り出して閲覧&編集。PDF上に文字入力したり罫線引いたり、手書きでも書き込める最強アプリだと思います。主にiPadで使ってます。
GoodReader for iPadicon
GoodReader for iPhoneicon
他にもBUFFALO WLI-UC-GNHPのようなUSB無線子機をNASに挿すことでNASを無線LANのアクセスポイントにできる機能も追加されたようです。対応する製品が限られており日本ではWLI-UC-GNHPくらいしかないっぽい。
Betaにアップデートしましたが今のところ運用について問題があるような不具合は見当たりません。
4.0になりNASとしての完成度が高まり、最強NASにまた一歩近づいた感じ。正式版が待ち遠しい。
過去のレビュー記事はこちらから。
大手サイトでもレビューされるようになってきました。人気が出るのも間もなくでしょうか。
4ベイでRAID構築も簡単な本格NAS Synology DiskStation DS411 – ASCII.jp
簡単バックアップやAVサーバー機能も備える Synology DiskStation DS212j – ASCII.jp
amazonでもかなり多くの製品が販売されるようになってきました。2ベイ・4ベイなどのお手頃なモデルや15ベイもある企業向けなモデル、2.5インチを使ったコンパクトなものなどラインナップはかなり豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA