Corsair CWCH50 を購入しました

Corsair CWCH50
メンテナンスフリーの水冷CPUクーラー「Corsair Hydro Series H50(CWCH50)」をやっと購入しました。
ずっと買おうと思っていたのですが発売以降かなりの人気でどこも入荷待ちの状態。一応予約もしていたんですが、1ヶ月以上待っても手に入らず、待ちきれなかったので個人輸入してしまいました。

メンテナンスフリーの水冷CPUクーラーCorsair H50が登場

H50
Corsairからメンテナンスフリーの水冷CPUクーラーH50(CWCH50)が発売されるようです。
なんとなく敷居が高そうで手が出なかった水冷。メンテナンスフリーならば試してみたい気もする。値段も1万円↓と手ごろなので水冷に初挑戦するユーザーにはおすすめかもしれません。
(参考)http://www.gdm.or.jp/pressrelease/200906/090625_02.html
動画でも紹介されています。
(追記)
購入しました。
Corsair CWCH50 を購入しました
Corsair CWCH50 と Megahalemsの温度比較

CPUクーラーをMegahalemsに交換しました。

Megahalems 01
CPUクーラー「PROLIMA TECH Megahalems」のレビューです。
Core 2 Quad Q9550を3.82GHzにオーバークロックして常用していますが、電圧も少し上げてあるので温度が気になっていました。今まで使っていたThor’s Hammerでもそれなりに冷えてはいたんですが、coneco.netのレビューとかを見るとかなり冷えると評判だったのでついIYH。
空冷最強と言われているUltra-120 eXtremeやTRue Black 120に勝るとか勝っていないとか。
5月ですがここ最近30℃を越えるような暑い日もあったので夏場を想定して温度も計測しました。

Core 2 Quad Q9550のオーバークロック4GHz越え

先日Q9550のオーバークロックに挑戦し、4GHzで起動せず断念しましたが、メモリを1066GHzに交換して再度挑戦してみました。

【レビュー】 Thermaltake BigTyp14Pro (CL-P0456)

Thermaltake BigTyp14Pro (1)
PCパーツ長者で体験レビュー中のCPUクーラー、「Thermaltake BigTyp14Pro (CL-P0456) 」。
coneco.netや最近の記事でもレビューしていますが、改めて書いてみます。載せきれない写真もあるし。
まずはスペック。
対応CPUソケット: Socket LGA775/Socket AM2/AM2+
ヒートシンク寸法: 156mm x 155mm x 128mm
ヒートシンク材質: アルミ製フィン + 銅 & アルミ製ベース
ヒートパイプ: ø 6mm x 6
ファン寸法: ø 140mm x 30 mm
電圧・電流・入力: 定格12V/標準7V/0.32A (最大)/3.84W
ファンスピード: 1000-1600RPM
最大エアフロー・エアプレッシャー: 85.76CFM (最大)/1.60mmH2O
ノイズレベル: 16dBA-24dBA
平均寿命: 50,000時間
コネクター: 3ピン
重量: 800g

Core 2 Quad Q9550をオーバークロックしてみた

Intel Core 2 Quad Q9550
CPUクーラーのThermaltake BigTyp14Proの性能チェックのついでにQ9550をオーバークロックしてみました。マザーボードはGIGABYTE GA-EP45-UD3R Rev1.1です。
まずは定格電圧でどれくらい上げられるか試してみて、その後電圧を上げながら上限を探ってみました。
あまりオーバークロックは詳しくないので下記のページとかを参考に。
実践オーバークロック講座UD3対応マザーボードで各種OCに挑戦!
結果は以下から。
※OCはパーツの寿命を縮めたり保証が受けられなくなるなどデメリットもありますので自己責任で行ってください。また、OCの耐性には同じCPUでも個体差がありここで紹介した設定が最適ということはありません。

第1回 CPUクーラー選手権

CPUクーラー
デスクトップPCが2台しかないのになぜかCPUクーラーが8台もあります。
その中から定番クーラーからネタクーラーまでの5種類にリテールを加えた全6種類で温度の比較をしてみました。ラインナップは以下の通り。
Intel リテールクーラー(Core 2 Quad Q9550)
XIGMATEK Thor’s Hammer
Thermaltake BigTyp14Pro
Thermaltake Duorb For CPU
Scythe 忍者弐(Ninja2)
Scythe 鎌クロス(KAMA CROSS)

【レビュー】XIGMATEK Thor’s Hammer ~温度計測編~

XIGMATEK Thor's Hammer S126384
【レビュー】XIGMATEK Thor’s Hammer ~取り付け編~の続きです。
取り付けが終わったので次はどれくらい冷えるのか計測してみようと思います。
CPUへの負荷と温度計測にはOCCTを使いました。時間を決めての計測ができ、アイドル状態→負荷状態→アイドル状態の一連の温度や電圧の変化をグラフにして保存してくれる便利なソフト。
計測したのはファンレス・ファン付(800rpm)と定格・オーバークロックでの温度をそれぞれ測りました。CPUはQore 2 Quad Q9550@2.83GHzです。

【レビュー】XIGMATEK Thor’s Hammer ~取り付け編~

XIGMATEK Thor's Hammer S126384
先日うっかりIYHしてしまったCPUクーラー「XIGMATEK Thor’s Hammer」のレビューです。
Thermalright TRue Black 120が欲しいなと思っていたんですが、たまたま見つけたこの製品が見た目もちょっと似ていたので人柱覚悟で買ってみました。
まずは製品の外観と取り付けから。

Core 2 Quad Q6700をオーバークロックして起動しなくなる原因

前回Q6700をオーバークロックして今は3.00GHzで問題なく使用できていますが、最初何度やっても電源を入れて機器を読み込む直前で電源が落ちてしまったので原因を調べてみました。