VistaにRamPhantom3 LEを導入してみた(RAMディスク作成)

前回の記事でGavotte Ramdiskを使ったRAMディスクの作成を紹介しました。
Windows Vistaの32bit版の場合、4GB以上のメモリを搭載していると、OSで認識できる容量が3GB強しかなので無駄な領域ができてしまいます。その領域をディスクとして使えるのがRAMディスク。
しかし、RAMディスクにはメモリの仕様上電源を落としたら中身が消えてしまうため、使用方法に制限があり、キャッシュ用くらいにしか使えないという問題点がありました。
そんな問題を解消してくれるソフトがI・O DATAの「RamPhantom3」。
有料ですがI・O DATAのメモリがあればシリアルナンバーを入力してLE版がダウンロードできます。
製品版とLE版の違いは作成できるRAMディスクの容量のみ。LE版はOS管理外で1GBまで、OS管理内で最大2GBとなります。
製品版を買うか迷いましたがセカンドPC用に安いメモリが手に入ったのでLE版をダウンロード。
Gavotte Ramdiskで作ったRAMディスクを削除してRamPhantom3 LEを入れました。