CATEYEの自動車用ライト「VOLT400」と「AMPP500」を比較

現在ロードバイクのヘッドライトにAMPP500を使っていますが、Uber Eatsの配達時に充電が切れることがたびたび起こったので予備用としてVOLT400を購入したので比較してみようと思います。

VOLT400の取り付け

CATEYEのサイコンも付けているのでアウトフロントブラケットで下側に取り付けます。本体が長めなので若干ケーブルに干渉します。

VOLT400の明るさ

VOLT400にはハイ・ミドル・ローの3段階の明るさがあるのでそれぞれ夜間に撮影しました。

ハイ(約400lm・約3時間)

前方だけでなく周囲もかなり照らして明るくなります。

ミドル(約100lm・8時間)

100lmになりハイに比べてかなり暗くなりました。街頭の無いような道に使うにはちょっと暗すぎます。

ロー(約50lm・約18時間)

さらに暗くなります。この明るさだと夜間の視野を広げるためというよりは街中等で自分の存在を周りにしらせるための用途になります。

AMPP500の明るさ

同じ条件でAMPP500の明るさと比較してみました。

ハイ(約500lm・約1.5時間)

かなり明るい。VOLT400と比べると周囲を照らすというよりは前方を重点的に照らします。
原付等と変わらないレベルの明るさです。滅多に使うことはないでしょう。

ロー(約250lm・3時間)

ローでも十分明るいです。普段はほぼローで使っています。

両者を比べてみると、周囲も広く照らしてくれる横に強いVOLT400と、前方をより遠くまで照らしてくれる縦に強いAMPP500という感じでそれぞれに特徴があります。

価格的にはVOLT400の方が高いですが、バッテリーが劣化した場合交換できるメリットがあるので、VOLT400をメインに使う方がいいかなと思っています。

夜間走る際にはVOLT400のハイ、AMPP500のローで使おうと思います。それぞれ約3時間なので合計6時間は走れる計算になります。

夜間の走行時は「点滅」ではなく「点灯」で

夜間走行時は点灯でお使いください。
道交法上、点滅はあくまでも補助灯としての使用に限定してください。

CAT EYEのホームページにも上記の注意書きがあるように、「点滅」だけで夜間を走るのは道交法違反になる恐れがあります。

対向車から見ても点滅のみで走ってくる自転車は距離感がつかみにくく危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© Digitalyze. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。