【腸内環境】睡眠の質をあげるならファスティング(断食)がおすすめ

Health

「毎日何時間も寝てるのに疲れが取れない」とか「夜なかなか眠れない」とか睡眠に問題を抱える人は多いと思います。睡眠は時間よりも質が問題。そして睡眠の質をあげるには、腸内環境を良くすることが大切とよく聞きます。では腸内環境を良くするにはどうすればいいか、その答えはずばりファスティング(断食)。身をもって体験して劇的に睡眠の質が上がったのでご紹介します。

SPONSOR LINK

睡眠に腸内環境が関わる理由

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(茨城県つくば市)の小川雪乃博士(研究当時、現:農業・食品産業技術総合研究機構)、柳沢正史教授、慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の福田真嗣特任教授らを中心とする共同研究グループは、抗生物質の経口投与により腸管内に生息する腸内細菌を除去すると、睡眠パターンが乱れることを明らかにしました。

腸内細菌がいなくなると睡眠パターンが乱れる | ニュース・広報 | IIIS 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
睡眠覚醒機構の解明を目指し、基礎から臨床までを網羅する世界トップレベルの睡眠医科学研究拠点。国際統合睡眠医科学研究機構

2020年11月、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構と筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構により腸内細菌を除去したマウスの睡眠パターンが乱れるという研究結果を発表しました。

睡眠ホルモンであるメラトニンを生成するために、腸内細菌がたんぱく質を分解してトリプトファンという物質を生み出します。このトリプトファンが脳によってメラトニンという睡眠を促すホルモンを作り出します。
そのため、トリプトファンを含むたんぱく質が不足したり、腸内細菌の数や善玉菌の割合もメラトニンの生成に大きく影響します。

最近はコンビニとかで睡眠の質を上げるヨーグルトと謳う商品をよく見かけますが、つまりは腸内環境を改善することが目的です。発酵食品によって腸内を改善し、たんぱく質を多く含む食事によってトリプトファンを十分に摂取する、これが睡眠の質を上げる一番の方法です。

ファスティング(断食)によって腸内環境を劇的に改善する

腸内環境を良くするために、納豆とかヨーグルトとか、発酵食品を多く摂取することで腸内環境を改善することができますが、そう簡単に改善するものではありません。毎日の食事を改善して長く続けることで徐々に改善していきますが、本当に改善されているのかどうかはっきりと分からないし、わからないのに長く続けるのはモチベーションを維持するのが難しい。しかし、ほんの数日で劇的に改善する方法があります。それがファスティング(断食)。ファスティングによって腸内が完全に空の状態になり、有害物質が排出され、腸が本来の機能を取り戻します。

過去に私が行った3日間のファスティングで、腸内環境が劇的に改善するのを身をもって体感しました。

ファスティング(断食)によって睡眠が改善した

ファスティング(断食)の具体的な方法等は下記の記事にまとめています。

ファスティング(断食)前は、毎日7~8時間くらいは寝ていました。朝起きるのも大の苦手で、家を出るギリギリまで寝ているほど。夜も寝付けない日もあり深夜まで起きていてあまり寝れず無理やり起きて仕事に行っていたりもしました。

そんな私がファスティング(断食)を3日間行ったその日から下記のような睡眠時間になりました。

こちらの画像はAutoSleepというApple Watchのアプリで計測した2020年9月の睡眠時間です。
多いときは7時間くらい寝ていたこともありますが、3時間程度の日(たぶん計測ミス)もあり、平均すると大体5時間程度です。そしてこの間、早朝に家を出なければいけない場合を除き、目覚まし時計は1度も使っていません。初めて断食をしたその日から約3年間、0時くらいになると自然と眠くなり、ほぼ毎日5時~6時くらいに自然と目が覚めます。二度寝もほぼしません。

まるで自分の体が全く別の体に入れ替わったかのように切り替わりました。
さらにはメンタル的にも安定しているように感じます。

睡眠の質=腸内環境のみ

安眠できる枕とか、マットレスとか、寝る前にスマホやパソコンの画面を見ないとか、お風呂に入って体を温めるとか、そんなことどうでもいい、ってくらい腸内環境が睡眠に与える影響は大きいと思っています。

なぜなら私がそうだから。

そんなにいいベッドは使ってないし、ソファやラグの上で寝落ちすることもあるし、寝る直前までパソコンやスマホでYouTube観てたりするし、お酒飲んで風呂も入らず寝てしまうこともあるし、それでも毎朝6時までには目が覚め、眠くもなく疲れもない。

睡眠の質をあげる要因はほぼ腸内環境であると言えます。

ちなみに使っているマットレスはこれ。

Amazonで高評価だったので買ってみましたが思ったより良くて2年くらい使ってます。
昔はスプリング入りのマットレスを使っていましたが、引っ越しの時に処分しようと思ったら粗大ごみ出せないし、滅茶苦茶大変だったのでもうスプリング入りを使うのはやめました。

睡眠時間は重要ではない

例えばこんな記事のように、

「4時間睡眠」を続けると…?医師が実践したら想定外の結果に
https://gentosha-go.com/articles/-/26096

無理矢理睡眠時間を短くするという本末転倒な実験をした医者もいるみたいですが、そりゃあ無理だよって話です。

ショートスリーパーと呼ばれる人は無理矢理睡眠時間を削っているのではなく、ただその人に必要な睡眠時間が短いというだけのこと。おそらく腸内環境が良いのではないでしょうか。
ショートスリーパーの人を集めて腸内環境を調べる実験をしてくれないでしょうか。

ファスティングによって睡眠の質が改善されたほかにも、免疫力があがったことで、ファスティングをした日から3年以上、一度も風邪を引いたことはありません。今日は体がだるいとか疲れてるとか、体調が良くないということもありません。毎日元気で、身体的にも精神的にも安定しています。

自分でも驚くほどの変化を体感しました。人生変わったと言っても過言ではありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました