IPv6 IPoEとIPv4 PPPoEを同一ネットワークで併用する(WXR-1900DHP3)

IPv6 IPoEはどんな時間でも200Mbps以上の帯域を確保できてとても快適ですが、ポートの解放ができない、IPアドレスを固定できないというデメリットがあります。そこでIPoE用に使っていたWXR-1900DHP3と同じネットワーク上にもう一つIPv4 PPPoE用のルーターを設置して機器によって使い分けることにしました。

IPv6 IPoE対応のWXR-1900DHP3の設定

WXR-1900DHP3はIPv6 IPoE対応ルーターの中では無線も安定しているし、価格も1万円以下でおすすめのルーターです。

私が契約しているのはインターリンクのZOOT NATIVEなので、設定は「transixを使用する」をチェックしてゲートアドレスに「gw.transix.jp」を入力するだけ。PPPoEのようにユーザー名やパスワードを入れる必要もありません。

LANの設定はこのルーターを192.168.11.1、割り当てIPアドレスを192.168.11.3から64台にしました。IPv4のルーターを192.168.11.2にする予定。

IPv4 PPPoE用AtermWG1400HPの設定

IPv4の接続には同じインターリンクのZOOT NEXT
AtermWG1400HPには普通にPPPoEの設定をした後、LANのIPアドレスを192.168.11.2に設定、DHCPは使わないように設定します。

接続イメージ

各機器の接続はこんな感じです。
ONUから引いたケーブルはWXR-1900DHP3のWANポートへ、WXR-1900DHP3のLANポートとAtermWG1400HPのWANポート、さらにLANポート同士をつなぐのがポイントです。
これにより一つのネットワークに2つのゲートウェイが存在する状態になりました。
PS4やサーバー等はIPv4で、パソコンやスマホ等はIPv6で接続します。

IPv4を使う機器の設定

ネットワーク対戦をするPS4や外部から接続が必要なサーバー等はポートを開放する必要があるのでIPv4へつなぎます。
しかし、IPv4のAtermWG1400HPではDHCPを切ってあるので手動で設定しなければなりません。

IPアドレス 192.168.11.100
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.11.2
プライマリーDNS 192.168.11.2
セカンダリ―DNS 192.168.11.1

PS4の場合はこのようになります。
IPアドレスはDHCPで配布されていない数字を設定、ゲートウェイはAtermWG1400HPのIPアドレス192.168.11.2を設定します。DNSには両方のルーターのIPアドレスを設定しました。

必要に応じてIPv4とIPv6を切り替える場合

例えばパソコンでもゲーム等によってはポートを開放しなければならない場合があります。

そんなときはPS4と同じように設定を自動取得から固定に変えてデフォルトゲートウェイを変えればOKです。

接続先が別々でも同じネット―ワークなのでデータの共有はできるし、少し設定を変えるだけですぐに切り替えられるのでとても便利になりました。

まぁ前に紹介したYAMAHA NVR510なら1台で同じようなことができちゃうんですけどね。
自宅でYAMAHAのルーターはお値段的にもちょっとハードルが高い・・・

にほんブログ村 PC家電ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA