Q6700ではじめてのCPUオーバークロック

最近PCの使用用途が動画のエンコード中心になってきたので少しでもエンコード時間を縮めたいという理由で、初めてのオーバークロックに挑戦しました。
オーバークロック今まで一度も試したことはなく、壊れたらどうしようとか怖くててを出せずにいたのですが、レビューとかいろいろ見ているとQ6600・Q6700でオーバークロック結果をよく目にするのでひたすらググりまくって調べてみました。
GA-P35-DS4をはじめGIGABYTEのマザーにはEasy Tune 5という簡単にオーバークロックができるソフトがついていますが、あまり評判がよろしくないのと、何より見た目がキツイので即削除。
正攻法でBIOSから設定することにしました。

USB2.0用地デジチューナー「DT-H30/U2」レビュー

買おうか迷ってましたが我慢できずに買っちゃいました。

各メーカーからいろいろ発売されていますが、以下の理由で「DT-H30/U2」を選びました。

  • PCIスロット2つをサウンドカードとPV4で使用しているので、外付けもしくはPCI-Eしか空きがない。
  • BUFFALOかIO-DATAで迷った末、セカンドマシンでも使えるように外付けタイプを選択。
  • BUFFALOが将来「ダビング10」に対応すると明示していたので。
DT-H30/U2
DT-H30/U2




初期設定や使用感は以下から。

CPUをE6750からQ6700へ交換・ベンチマーク比較

Intelの価格改定により6万円から3万円へと一気に安くなったQ6700を購入、早速交換しました。

ついでにE6750とQ6700を3DMark06・3DMark Vantage・PCMark Vantageでベンチマーク計測して比較してみました。

Core 2 Quad Q6700
Core 2 Quad Q6700



Core 2 Quad Q6700を注文しました

20日にインテルが価格改定を実施し、Q6700の価格が6万円前後から3万円前後へとほぼ半額にまで急落しました。というか今までの価格が異常だったと言えなくもないですが…。

価格改定後、Q9450に次ぐ人気CPUとなり、通販でも在庫切れになるところも出ています。これはもうQ6700しかないと決め、クレバリーeショップ にて注文しました。

E6750からQ6700へ、クロック数は2.66 GHzとどちらも同じですが、DuoとQuadでどれくらい違うのか、連休中にでも比較してみようと思います。

Core 2 Quad Q6700 BOX

新Core2シリーズ!お買い得Quadも!

CPUクーラー「DuOrb for CPU」を衝動買い

いらないのに。

別に使わないのに。

なんとなく2つ並べてみたいって理由だけで思わず「DuOrb for CPU」を衝動買い。

「Synergy」で2台のPCのキーボードとマウスを共有(設定方法)

メインマシンのP182とサブマシンのSOLOのキーボードとマウスを共有するために、「Synergy」というフリーソフトをインストールしました。「Synergy」とは、上述の通り1台のPCに繋がれたキーボードとマウスでネットワークに繋がれた複数のPCを操作できるとっても便利なソフト。

Synergyのサイトからダウンロードできますが、英語のみなのでwiki@nothingから日本語化されたものをダウンロードできます。といっても設定は簡単なので英語でも問題ないですが。

共有の手順は下記より。

P182の静音化(吸音シート・ファンレス)

最近あまりPCでゲームをしておらずXbox360ばかりやっているのでP182の静音化に挑戦しました。試したのはCPUクーラーと天井ファンと前面扉の3ヶ所。

CPUクーラー(忍者プラス)はもともと12cmのファンがついているだけなのではずして終了。

天井はファンのケーブルを抜いて停止し、排気口に吸音シートを貼りました。1cmほど厚みがあり、普通に貼るとカバーからはみ出てしまうので、角を少しカットしています。

前面扉の裏側にも吸音シートを貼りました。

P182の中段ファンで8800GT(Accelero S1)がどれくらい冷えるのか

P182に中段ファンをつけて8800GTがどれくらい冷えるのか、KAZE MASTERでファンの回転数を変えてベンチマークを行い、その温度を計測しました。

TVチューナー&ビデオキャプチャ「GV-MVP/RX3」を増設

I-O DATAの「GV-MVP/RX3」が安く手に入ったので増設してみました。

液晶テレビ&HDDレコーダーがあるのでテレビを見るというよりもゲーム画面の録画を目的に買いました。その他購入を決めたポイントは、

・デジタルチューナー経由で地デジのコピーワンス番組を録画できる。
・iPodやケータイ用動画へ簡単に変換できる。
・Xbox360からPCへ録画予約や視聴ができる。

3番目はあまり意味なさそうですがなんとなく面白そうだったので。部屋にテレビもPCもなくてXbox360しかない!って人には便利かもしれません。

付属していたソフトはmAgicTV(視聴ソフト)、Ulead Video ToolBox 2(iPod・PSP等への変換)、CyberLink PowerProducer(編集・DVD作成)、CyberLink PowerDirector Express(編集)。

液晶テレビからS端子ケーブルで繋いで外部入力でデジタル放送を観てみました。映像はけっこうキレイ。S端子なので限界はありますが満足できる画質でした。録画しようとすると「コピープロテクト信号を検出しました。」と表示され暗号化されます。

次にテレビの入力をXbox360にしてみると映らない…。テレビやレコーダーの映像は映るのにXbox360だけが映らず。試行錯誤の結果、どうやらXbox360のD端子ケーブルについているHDTVとTVの切り替えスイッチが原因みたいです。HDTVでハイビジョン出力だとPC側で映像を認識できない。仕方なくTVに切り替えましたがテレビの映像がかなり汚くなりました。液晶テレビでアナログはけっこうつらい。最終的に以下のように接続しました。

GV-MVP/RX3

GV-MVP/RX3
GV-MVP/RX3
GV-MVP/RX3




ツクモ:I-O DATA GV-MVP/RX3

パソコン工房:GV-MVP/RX3(I-O DATA)
icon

amazon:I-O DATA GV-MVP/RX3 MPEG-2エンコーダ搭載TVキャプチャボード