CPUクーラー「DuOrb for CPU」を衝動買い

いらないのに。

別に使わないのに。

なんとなく2つ並べてみたいって理由だけで思わず「DuOrb for CPU」を衝動買い。

「Synergy」で2台のPCのキーボードとマウスを共有(設定方法)

メインマシンのP182とサブマシンのSOLOのキーボードとマウスを共有するために、「Synergy」というフリーソフトをインストールしました。「Synergy」とは、上述の通り1台のPCに繋がれたキーボードとマウスでネットワークに繋がれた複数のPCを操作できるとっても便利なソフト。

Synergyのサイトからダウンロードできますが、英語のみなのでwiki@nothingから日本語化されたものをダウンロードできます。といっても設定は簡単なので英語でも問題ないですが。

共有の手順は下記より。

P182の静音化(吸音シート・ファンレス)

最近あまりPCでゲームをしておらずXbox360ばかりやっているのでP182の静音化に挑戦しました。試したのはCPUクーラーと天井ファンと前面扉の3ヶ所。

CPUクーラー(忍者プラス)はもともと12cmのファンがついているだけなのではずして終了。

天井はファンのケーブルを抜いて停止し、排気口に吸音シートを貼りました。1cmほど厚みがあり、普通に貼るとカバーからはみ出てしまうので、角を少しカットしています。

前面扉の裏側にも吸音シートを貼りました。

P182の中段ファンで8800GT(Accelero S1)がどれくらい冷えるのか

P182に中段ファンをつけて8800GTがどれくらい冷えるのか、KAZE MASTERでファンの回転数を変えてベンチマークを行い、その温度を計測しました。

TVチューナー&ビデオキャプチャ「GV-MVP/RX3」を増設

I-O DATAの「GV-MVP/RX3」が安く手に入ったので増設してみました。

液晶テレビ&HDDレコーダーがあるのでテレビを見るというよりもゲーム画面の録画を目的に買いました。その他購入を決めたポイントは、

・デジタルチューナー経由で地デジのコピーワンス番組を録画できる。
・iPodやケータイ用動画へ簡単に変換できる。
・Xbox360からPCへ録画予約や視聴ができる。

3番目はあまり意味なさそうですがなんとなく面白そうだったので。部屋にテレビもPCもなくてXbox360しかない!って人には便利かもしれません。

付属していたソフトはmAgicTV(視聴ソフト)、Ulead Video ToolBox 2(iPod・PSP等への変換)、CyberLink PowerProducer(編集・DVD作成)、CyberLink PowerDirector Express(編集)。

液晶テレビからS端子ケーブルで繋いで外部入力でデジタル放送を観てみました。映像はけっこうキレイ。S端子なので限界はありますが満足できる画質でした。録画しようとすると「コピープロテクト信号を検出しました。」と表示され暗号化されます。

次にテレビの入力をXbox360にしてみると映らない…。テレビやレコーダーの映像は映るのにXbox360だけが映らず。試行錯誤の結果、どうやらXbox360のD端子ケーブルについているHDTVとTVの切り替えスイッチが原因みたいです。HDTVでハイビジョン出力だとPC側で映像を認識できない。仕方なくTVに切り替えましたがテレビの映像がかなり汚くなりました。液晶テレビでアナログはけっこうつらい。最終的に以下のように接続しました。

GV-MVP/RX3

GV-MVP/RX3
GV-MVP/RX3
GV-MVP/RX3




ツクモ:I-O DATA GV-MVP/RX3

パソコン工房:GV-MVP/RX3(I-O DATA)
icon

amazon:I-O DATA GV-MVP/RX3 MPEG-2エンコーダ搭載TVキャプチャボード

Bフレッツマンションタイプが接続不良になったよ

またか。

現在Bフレッツのマンションタイプを利用していますが、たま~に起きる現象にみまわれました。

Xbox360のCoD4をプレイ中、突然切断。違う部屋に入っても数分プレイするとすぐ切断。

ハブやルーターを疑いましたが代えて試してみても結果は同じ。
原因は回線。VDSLモデムのLinkランプが点滅し、接続→切断を数分おきに繰り返す状態。前にも1度か2度同じ状態になったことがあります。その度にNTTへ連絡し、直してもらっていました。原因はいまいちよく分からないのですが、マンションの集合装置を再起動だかリセットだかすると直るらしいです。たまに起きてしまうらしく、どうしようもないようなことを言われました。

今回もNTTへ電話して、向こうでも切断されているログを確認したそうなので来てもらうことに。てか、立ち会わなきゃいけないのが面倒だなぁ。直るまではXbox Liveとか長時間接続が必要なのは使えなません。

マンションタイプを使っていて同じような現象になった方はすぐにNTTへ連絡することをお勧めします。

こんな原因もあります。
Bフレッツ(VDSL)が3分おきに切断する原因

↓の「■故障に関するお問い合わせ」から
NTT東日本フレッツサポート情報

サブマシン(SOLO)のビデオカードを交換

Radeon 9600PRO

サブマシンにAGP版GeForce 6200を使っていましたが突然何も映らなくなり、とうとう寿命が尽きてしまいました。

サブマシンだし、AGPだし、3Dゲームとかはやらないのでとにかく安いビデオカードを探し回りました。新品だとそこそこ高いスペックのものしか見つからなかったので中古で探し、たまたま立ち寄ったハードオフでATI Radeon 9600proが売っていたので購入。初のRadeonです。

帰って早速箱を開けてみると、カードと説明書類が無造作に入れられていてビックリ。あの大きな箱に何も固定せず入れてあるので中はスカスカ。嫌な予感。

とりあえず動作確認のためにSOLOへ装着して電源ON。

カラカラカラカラカラカラカラ・・・・・

完全にファンが壊れてます。嫌な予感が的中してしまいました。一週間は返品できるらしいのですが、けっこう遠いところなのでわざわざ行くの面倒です。壊れているのはファンだけで画面は表示されるので、ファンだけ交換してみました。あまってたZALMANのVF700-Cuがつけられたのでそのまま使うことにします。

ドライバはWindows標準でインストールされたドライバで問題なしだったのでそのまま。ワイドモニタに対応しているのか不安でしたが、1680×1050にもちゃんと対応されていました。

次壊れたらマザーボードから変えたいなぁ。

(中古)ATI RV360 128MB V/VO/D

(中古)ATI RV360 128MB V/VO/D

(中古)SAPPHIRE RADEON 9600 ATLANTIS 128MB

(中古)玄人志向 RD96PRO-A128C-GC

(中古)GIGABYTE GV-R96128D

(中古)POWERCOLOR RADEON 9600 XT Bravo

P182のファンコンを「KAMA METER」から「KAZE MASTER」に交換

5インチベイ用のファンコントローラーにScytheのKAMA METERを使っていましたが、最近Scytheから発売されたKAZE MASTERが評判いいらしいので早速購入して取り付けてみました。

製品の詳細は下記の通り。

  • サイズ:幅148.5×奥行63×高42.5mm
  • ファンコン:最大4個までのファンコントロールが可能
  • VFD 表示
    温度(摂氏/華氏切替可能) × 4系統
    ファン回転数 × 4系統
  • 入力:パソコン電源より取得DC5VもしくはDC12V
  • ファン可変範囲:DC3.7V~12V±10%
  • 対応ファン
    1チャンネルあたり最大電流値1Aまで
    3PinもしくはPWM4pinのFan
    (PWM4Pin接続の場合はPWM機能は働きません。)
  • 測定温度範囲:0~100度(摂氏)/32~199(華氏)
  • 回転数測定範囲:0~7500rpm(30rpm刻み)
  • 測定頻度:2秒毎
  • 重量:165g(製品本体のみ)

購入した決め手として一つ目はやっぱりファンの回転数・温度が全て表示されるところ。KAMA METERだと回転数も温度もツマミを回して切り替えなければならなかったので面倒でした。全て表示されるのはとってもイイ。調整も楽だし。

二つ目はファン停止機能。室温とか時期とかに合わせてに止められるのでわざわざはずす必要がありません。ちなみに付属のケーブルは4ピンにも対応してます。

3つ目は調整レンジ。3.7~12Vということで回転数をかなり落とせます。KAMA METERではツマミを何周も回してもあまり変わらなかったのですが、ちょっと回しただけでしっかり変わります。もっと回転数の多いファンにしておいてもよさそう。

取り付け手順とか写真は下記へ。

FIFAクラブワールドカップ3位決定戦&決勝戦を観てきました

3位決定戦は浦和レッズVSエトワール・サヘル。
初の日本チーム出場でスタジアムも去年までとは雰囲気が変わって中も外も赤、赤、赤。レッズファンなのか、ミランファンなのか、遠目では全くわかりませんw自分の席はゴール裏の1階席だったので浦和サポーターのすぐ近くでした。トヨタカップの時からですが、南米も欧州も各選手の応援をして、フラッグを掲げて、というようなサポーターが極めて少なくて、聞こえるのはどよめきとか拍手ばかりだったので、やっぱりサポーターのいるスタジアムは盛り上がります。