8800GTリファレンスクーラーの性能

爆熱といわれている8800GTのリファレンスクーラーですが、実際には回転数が30%に固定されているだけなので、回転数を上げてやるとどこまで温度が下がるか試してみました。回転数の調整にはRivatunerを使用しました。v2.06より8800GTに対応したのでLow-level system tweaksから変更し、10%ごとに10分程度放置してアイドル時とATIToolの3D View(たわし)で計測しました。

8800GT
RivaTuner


P182のケースファンを交換

P182をもっと静かにしたい!ということでP182を買ってすぐに付属のファンは撤去。最近ケースファンをいろいろ試しています。今まで使っていたのはScytheの鎌フロゥ静音と超静音。これをファンコンで回転数を落として使っていました。今回取り付けたのは同じくScytheのKAZE-JYUNIです。Scytheのファンは安くて静かで風量もそこそこなのでかなりおすすめです。
メーカーの詳細では、

オリジナル設計の小軸&大型ブレードを採用する事により
既存モデルを凌駕する大風量を実現! 
従来モデルに比べてノイズは若干上昇するものの、風量は
約20~40%増しという効果が得られます。

ということだったのですが、800rpmという低回転に魅かれて試してみました。

GeForce 8800GTをXPとVistaで比較

XPとVistaのデュアルブート環境で、3DMark06のスコアを比べてみました。ドライバはどちらも169.02、3DMark06の解像度は1280×1024です。Vistaだとけっこうパフォーマンスが落ちるかと思いましたが意外と変わらず。

8800GTでのCrysisベンチ結果

Crysisの推奨環境となっている8800GTでGPUスコアを各設定ごとに試してみました。
HIGHとLOWでは全くの別世界で、木の葉や海の透明度など質感が全く違います。
XPだとHIGHまでしか設定できず、Very HIGHはVistaでしか設定できませんでした。
AAをありかなしかでかなり結果は変わってくるようです。結果は全てWSXGA+(1680×1050)の解像度で行いました。
結果は↓

8800GTのクーラー換装(DuOrb・Accelero S1)と温度比較

071111-3.jpg

8800GTのリファレンスクーラーが全然冷えないらしく、そのままでは怖くて使えないのでクーラーを換装しました。一緒に購入したDuOrb(Thermaltake)と昨日ふらっと衝動買いしたZAV-Accelero S1(ZAWARD)の2つで比較してみました。

GeForce8800GTとGeForce7900GSのベンチマーク比較

新しく購入した8800GTに換える前に7900GSとのベンチマークスコアを比べてみました。
比較に使用したモデルは以下の通り。

■GeForce7900GS XFX PV-T71P-UDF3 (ForceWare 94.24)
■GeForce8800GT GALAXY GF P88GT/D3 (ForceWare 169.02)

どちらも定格での使用です。マシンのスペックはこちら

071111-2_20071111031840.jpg 071111-1_20071111031835.jpg

長い!!P182で中段にファンをつけた状態だとかなりギリギリです。というか電源ケーブルがファンに当たってますw
ベンチマークのスコアは↓


GeForce8800GT & Thermaltake DuOrb 購入

11月1日発売されてから、人気で品薄状態だった8800GT。通販サイトを探しまくり、やっと在庫を確保!
リファレンスのクーラーがかなり熱を発するということで、通称お○ぱいクーラーことDuOrbも購入しました。とりあえずリファレンスで試してみよー。
・GALAXY GF P88GT/D3
Thermaltake DuOrb (CL-G102)

8800gt-1.jpg

サブPCの構成 – Antec SOLO

メインPCの購入に合わせて古いパーツを使ってサブPCを組みました。
SOLOは静音ケースを謳っているだけあって起動してても気づかないくらい静か…
前面にファンを2個つけましたが、あまり吸わないのとほこりがきになったのでまとめwikiを参考に改造しました。結果明らかにエアフローが改善されました。