【平均5時間】私がショートスリーパーになった方法

Health

ショートスリーパーになりたいと思ってやったわけではありませんが、とある出来事をきっかけに1日平均5時間睡眠のショートスリーパーになったのでその方法をご紹介します。

SPONSOR LINK

ショートスリーパーになった原因

原因は明確でたった一つ。ファスティング(断食)です。3年くらい前に初めてファスティングに挑戦し、3日間の断食をしたのですが、その日以来、3年間ずっと平均5時間睡眠が続いています。
ダイエットのつもりでやってみた断食が、ショートスリーパーという思わぬ効果を生み出しました。

こちらの画像はAutoSleepというApple Watchのアプリで計測した2020年9月の睡眠時間です。
多いときは7時間くらい寝ていたこともありますが、3時間程度の日もあり、平均すると大体5時間程度、そしてこの間、早朝に家を出なければいけない場合を除き、目覚まし時計は1度も使っていません。初めて断食をしたその日から約3年間、ほぼ毎日5時~6時くらいに自然と目が覚めます。二度寝もほぼしません。

断食をする前は普通に8時間以上寝ていたし、いつも仕事に行くギリギリまで寝て急いで準備して出かけるという日々を何年も続けていました。

それが3日間の断食をしただけで、まるで自分の体が全く別の体に入れ替わったかのように切り替わりました。さらにはメンタル的にも安定しているように感じます。

ショートスリーパーになるためには

例えばこんな記事のように、

「4時間睡眠」を続けると…?医師が実践したら想定外の結果に
https://gentosha-go.com/articles/-/26096

無理矢理睡眠時間を短くするという本末転倒な医者もいるみたいですが、そりゃあ無理だよって話です。

ショートスリーパーになるための秘訣は「腸内環境」です。
断食をすることで腸内に溜まった不要物が全て排出され腸内環境がリセットされます。
腸内環境が改善されることで睡眠の質が上がります。睡眠の質が上がると免疫力も上がります。
実際、この約3年間、風邪で熱が出たとか寝込んだとか調子悪いとか、そんな体調不良になったことは一切ありません。毎日元気で、身体的にも精神的にも安定しています。

何が言いたいかというと、とりあえず断食してみろってことです。人生変わりますから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました