【Nintendo Switch】『スーパーマリオ オデッセイ』レビュー

2017年10月27日(金)に発売されたNintendo Switchソフト『スーパーマリオ オデッセイ』をプレイしました。Nintendo Switchはこれまでゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、スプラトゥーン2とプレイしてどれもおもしろかったので期待していました。

毎度お決まりの展開でピーチ姫がクッパにさらわれてしまいます。

帽子の国の住人「キャッピー」と出会い、ピーチ姫がさらわれた時に頭につけていた妹の「ティアラ」を救うため、マリオと手を組み冒険することになります。

ぼろぼろになったマリオの帽子にキャッピーが変身。このキャッピーを使ったアクションがこのゲームのポイントです。

煙突の近くに行くとマリオがすすで汚れたりと細かい演出にもこだわっている感じです。

マリオのコミカルな動きや表情、独特の世界観でスクショが捗る。

帽子はブーメランのように武器として使えるほか、敵に投げるとその敵に憑依して特殊な能力が使えます。例えばカエルなら大ジャンプで普通じゃ行けない高い場所へ登ることができます。

ステージの終盤にはボス戦のような演出。しかしボスなのかよくわからないくらい弱い。

ボスを倒すと新たな国に行けるようになります。

様々な場所に散らばっているパワームーンを集めながら先へ進んでいきます。

ボス戦の動画です。
まだ序盤だからか難易度は低いです。

壁にある土管に入ってみると・・・・

なんと3Dから懐かしの2Dマリオへ!ここからブロックを崩して上へあがっていくと再び3Dに戻ります。楽しい演出に思わずニヤニヤしてしまいます。

ボスを倒してパワームーンを集めると、埋もれていたオデッセイ号が復活し新たな国へ行けるようになりました。

まだ小一時間ほどしかプレイしていませんが、マリオらしい演出や美しいグラフィックに見とれてスクリーンショットを撮りまくっていました。

マリオの細かい動きやフィールドの敵の動きは見ていて楽しいし、フィールドのオブジェクトがただの背景ではなく全て意味があり、これに帽子を当てたらどうなるだろうと思って実際にやったみたら反応があってコインが出てきたり、散策するのも楽しいです。

ゼルダの伝説に似た要素もあるので比べてしまいがちですが、ゼルダがすごすぎたのでそれと比べるとワクワクする感じはちょっと少ないかなと思いました。
あとはおそらく低年齢でも遊べるゲームのためか難易度は低めっぽいのでゲームに慣れている人には物足りなさもあるかもしれません。

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA