ゲームや動画サービスの切替に便利なTendakのHDMIセレクタ

PS4、Switch、Fire TV Stick、ひかりTVを同じモニタで視聴するためにHDMIセレクタを使い切り替えて使っていましたが、今まで使っていたセレクタが不調だったので買い換えました。音声分離ができるのが特徴です。

今まで使用していたHDMIセレクタが故障

今まで使っていたHDMIセレクタがこちら。
入力4、出力2で音声を分離してRCA端子に出力ができるのでアナログスピーカーが使えて便利でした。しかし購入してから8年近くが経ち、最近音声がブツッブツッとたまにノイズが入るようになってしまい、替わりのセレクタを探していました。

Tendak 4K2K多機能HDMI切替器

入力端子が4つ以上あり、音声が分離できる切替器となるとなかなか見合う製品が無い中見つけたのがこれ。

5入力、1出力で音声もRCAはもちろんSPDIFの光デジタルにも対応しているすぐれもの。こんなに安くて大丈夫かと思ってしまうほどの高機能でしたが、他に選択肢も無さそうなので購入しました

リモコンが付属するので切り替えも楽にできます。

マニュアルは英語ですか特に設定が必要な機器でもないのでチラ見した程度。

出力先のモニタとスピーカー

モニタとスピーカーはこれ。前に特価で買ったLGの32インチのフルHD液晶とTaoTronicsのサウンドバーです。
どちらもかなり安い製品ですが私には必要十分なスペックです。
サウンドバーには光デジタル端子もついているのでSPDIFで接続してみます。

接続完了

こんな感じでつなぎました。

前面のランプで今どの端子が接続されているか一目でわかります。

映像も音声も問題なし。
前のセレクタでは他の切り替えた際にたまに解像度が変わってしまう問題がありましたがその問題もなし、ゲーム中や動画再生中に切り替えてもスムーズです。
今はフルHDのモニタですがいずれは4Kモニタでも試してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA