【N-04Bレビュー2】Wi-Fi接続とメディアスリンク(DLNA)

メディアスリンク
N-04Bは、Wi-Fi(無線LAN)に対応しており、最大54Mbpsの高速通信によりパソコン並みの速度で通信できます。
では具体的にWi-Fiを使ってどんなことができるのかというと、
・無線LAN経由でのウェブブラウズ
・アクセスポイントモードによるDSやPSPなどゲーム機のインターネット接続
・メディアスリンク(DLNA)によるホームネットワーク上のパソコンや対応機器への接続
スマートフォンでは珍しくもないですが、ガラケーではまだまだ対応する携帯は少なく、この点もこの機種を選んだ理由でもあります。使えるかどうかは別として試してみたい欲求にかられました。
では実際に設定してみます。

【N-04Bレビュー1】瞬撮ケータイで瞬撮してみた

N-04B
docomoとiPhoneの2台持ちでがんばっておりますが、久しぶりにdocomoの“ガラケー”を買い換えました。
今まで使っていたのはSO950i。買ったのはいつだろうとブログを読み替えてみたら、2007年12月。約3年ぶりの機種変更です。
買い換えたのはdocomo PRIME series N-04B。ずっとソニエリでしたが今回はNECです。
2台を使い分けていおり、docomoの方はほぼ通話専用なので今まで使っていて不満はないんですが、docomoのポイントがごっそり貯まっていたのと、仕事で最新の機種が必要な場面もあり、ついに替えました。

CASIO EXILIM EX-H10 体験レビュー Part1

CASIO EXILIM EX-H10
2009年7月3日に発売されたCASIO EXILIM HI-ZOOMシリーズ最新モデル「EX-Z10」の体験レビューです。
以前EXILIM ZOOMシリーズのEX-Z400もお借りしてレビューさせていただいたのでその比較なんかを中心にレビューしてみようと思います。

みんぽすこのレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。(詳細は末尾で)

モニター当選した「Lenovo IdeaPad S10e」が届きました

IdeaPad S10e (1)
アジャイルメディア・ネットワークにてモニターに当選したLenovoのネットブック、IdeaPad S10eが到着しました。
6月4日までお借りしてレビューする予定です。
届いたのはホワイトでした。型番を見ると4068AGJとなっていたので発売初期のモデルのようです。とはいえカラーが追加されたくらいで現行とスペックに大きな違いはありません。
詳しい性能とかは今後書くのでまずは外観からチェック。

【レビュー】EXILIM EX-Z400ダイナミックフォトを使ってみた(5)

EXILIM EX-Z400 5-1
【レビュー】EXILIM EX-Z400の顔認識と追尾AF(4)の続きです。
最初の記事でも紹介しましたが、もうちょっと何か作ってみたいなと思って4本ほど作りました。YouTubeにアプロードしたので以下からご覧いただけます。

【レビュー】EXILIM EX-Z400の顔認識と追尾AF(4)

EXILIM EX-Z400 4-1
【レビュー】EXILIM EX-Z400のYouTube撮影モードって何だろう?(3)の続きです。
EX-Z400で写真を撮っているとフレーム内に人がいるとかなりの頻度で顔検出してくれるのがわかります。顔検出でどういう基準で判断しているんだろうと疑問に思い、被写体が人間以外でもいけるのかなと試してみました。
それと動く被写体にピントを合わせ続ける追尾AF。どんな感じで追尾するのか動画に撮ってみました。

【レビュー】EXILIM EX-Z400のYouTube撮影モードって何だろう?(3)

EX-Z400 YouTubeモード1
【レビュー】EXILIM EX-Z400で写真を撮ってみた(2)の続きです。
アジャイルメディア・ネットワークにてモニター用に借りたEXILIM EX-Z400を使用しています。
EXILIM EX-Z400を使う前からCASIOの製品情報ページで気になっていた「YouTube撮影モード」。
特に詳しい情報が載っていなかったのでどんな機能か全くわかりませんでした。
再エンコードなしでアップできるのかな?とかいろいろ想像してましたが実際に使ってみました。
(2009.03.12 12:00)間違ってたところがあったのでちょっと修正

【レビュー】EXILIM EX-Z400で写真を撮ってみた(2)

EXILIM EX-Z400 2-1
【レビュー】EXILIM EX-Z400を使ってみた(1)の続きです。
アジャイルメディア・ネットワークにてモニター用に借りたEXILIM EX-Z400を使用しています。
今回はEX-Z400で実際に写真を撮ってきました。 ついでにHD動画も。
屋外で撮影するために近所の大きな公園へ。小高い山の上にある公園で、どこからどこまでが公園なのかよくわからいくらい広い。休日だったので家族連れやペットの散歩をしてる人がけっこういました。
天気があまり良くなくて曇っていたのが残念。

【レビュー】EXILIM EX-Z400を使ってみた(1)

EXILIM EX-Z400 1-1
アジャイルメディア・ネットワークにてモニターを募集していたので応募してみたところ見事当選、レビュー用に「CASIO EXILIM EX-Z400」をお借りしました。
EXILIM EX-Z400は2009年1月に発売された“EXILIM”シリーズの新製品です。世界初となる高速撮影によって動く被写体を切り抜き、動画として合成できる「ダイナミックフォト」機能を搭載。
まずは製品の外観から見ていこうと思います。デジカメに関しては素人に毛が生えかけた程度のレベルなのであまり難しいことはわかりませんのでご注意ください。かなり適当ですがダイナミックフォトも作ってみました。

RICOH Caplio R7からRICOH R10に買い替え

RICOH R10
先日グアムへ旅行に行き、Caplio R7で写真を撮ってきたのですが、帰宅して写真を見ようとしたら電源が入らなくなりました。バッテリーを交換してもダメなので本体が壊れているみたいです。
USBケーブルでつなぐと電源が入るので電源スイッチの問題な気もしますが、保証期間も切れているし、買い替えを決めました。
デジカメについてはたいした技術も知識もないので、レビューなどを参考に予算は2~3万くらいの手ごろなものを考えていました。買い替え候補として挙げたのは以下の4点。
・同じRICOHのR10
・H.264で動画が取れるCASIO EXILIM EX-Z300
・Panasonic LUMIX DMC-FX37
・FUJIFILM FinePix F100fd
店頭で触ってみて、最終的には操作感と1cmマクロ、R7のバッテリが使い回せるということでR10に決めました。
いざR10を買おうと近所の家電量販店やカメラ店を回ってみましたが、なぜかどこも在庫がない。ブラウンがあった店はありましたが黒以外考えられないので通販で買うことにしました。通販でもAmazonあたりだと黒は在庫がなく、楽天で見つけたマップカメラで買うことにしました。そこそこ安かったし送料無料だし発送も早くていい感じ。
届いたので早速レビュー。