アクションカメラ「Crosstour CT8500」をロードバイクのドライブレコーダーとして使う

ウーバーイーツの配達を始めたこともあり、ロードバイクで街中を走る機会が増えたので、万が一のためにとアクションカメラをドライブレコーダーとして取り付けで使ってみました。

Crosstour CT8500

【進化版】Crosstour アクションカメラ 4K高画質2000万画素 webカメラ 水中カメラ 外部マイク リモコン付き WiFi搭載 水深30m撮影 手ブレ補正 タイムラプス ループ録画 防水 防塵 耐衝撃 2インチ液晶画面 HDMI出力 170度広角 SONY製CMOSセンサー 1050mAh大容量バッテリー2個付 豊富なアクセサリー 日本語メニュー 日本語説明書 【メーカー1年保証】
Crosstour

Crosstour CT7000を2年半くらい前に購入してたまに使っていましたが、電源が入らなくなり使えなくなっていたので新しくCT8500を購入しました。安いので長くは使えないだろうとは思いますが1年保証はあるし、この価格で1年使えれば十分かと思い購入。

カメラ本体以外に防水ケースやバッテリー2個、各種アタッチメント等アクセサリがてんこ盛りです。アタッチメントは付属のは使わずREC MOUNTSのGo Por用ハンドルバーマウントを使います。

ハンドルバーへの取り付け

中央にCATEYEのサイコンとライトがあるので少し右にずらして取り付けました。

動画サンプル

何も加工せずアップしました。画質はこの値段ならこんなもんか程度です。晴れていてもちょっと曇った感じで暗く映るので綺麗な風景等には向かないでしょう。ドライブレコーダーとしてなら十分な画質。

音声は路面の振動がもろにハンドルからカメラに伝わるためガラガラと煩い音になっています。

VIRB Editで編集してStravaのデータと結合し、8倍速にしました。

ドラレコとしての性能

64GBのmicroSDに1080P30FPSの動画を約6時間ほど録画できます。
microSDはFAT32フォーマットなので1ファイル15分(約2.4GB)で自動的に別のファイルに保存されます。

ドラレコ用にループ録画も可能です。

バッテリーはフル充電で約2時間。2本付属しているので4時間は録画可能です。
しかし、録画中にバッテリーが切れると最後に録画していた動画データが破損してしまう、またバッテリー残量の低下を知らせる機能が無く自分で時間を見て交換しなければならない、バッテリーを外すと本体に設定した日付と時間がリセットされてしまうという残念な欠点があります。

USBでモバイルバッテリー等につないで充電しながら録画するということもできなくもないですが、そうするとGoProマウント用の防水ケースが使えません。

ということでドラレコとして常時録画しながら使うのは難しく、普通に録画してバッテリーが切れそうなころを見計らって交換するしかなさそうです。アクションカメラなので仕方ないかもしれません。

【進化版】Crosstour アクションカメラ 4K高画質2000万画素 webカメラ 水中カメラ 外部マイク リモコン付き WiFi搭載 水深30m撮影 手ブレ補正 タイムラプス ループ録画 防水 防塵 耐衝撃 2インチ液晶画面 HDMI出力 170度広角 SONY製CMOSセンサー 1050mAh大容量バッテリー2個付 豊富なアクセサリー 日本語メニュー 日本語説明書 【メーカー1年保証】
Crosstour

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© Digitalyze. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。