ロードバイクのペダルをMKSのフラットペダル「ALLWAYS」に交換

ビンディングシューズを履く機会が減り、UberEatsで乗るためにも今まで使っていたシマノのSPD-SLペダルからフラットペダルで有名なMKSの「ALLWAYS」に交換しました。

MKS ALLWAYS

これまでSPD-SLのペダルを使用していて、たまにロングライドするときだけビンディングシューズを履き、普段はペダルカバーを付けていましたが、ほとんど使う機会もないし、UberEatsで乗る機会が圧倒的に増えたのでフラットペダルに替えることにました。

フラットペダルといえばMKS(三ヶ島製作所)と言われるほど人気の日本メーカーです。その中でも特に人気の高い「ALLWAYS」。通販では売り切れになっていることも多く、探し回ってようやく手に入れました。

重さは381gと決して軽くはありませんが、その分踏面が広く、ピンもついていて非常に安定します。ストップ&ゴーの多い街乗りでも、ロングライドでの高速走行でも踏み外したりずれたりすることなく安定して回せます。

そして物凄くよく回ります。そのためペダルの重さは全く感じません。
シンプルなデザインで見た目の派手さは全くありませんが、質実剛健という言葉が似合う、使ってみて間違いなくその良さを感じる製品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© Digitalyze. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。