CATEYEの自動車用ライト「VOLT400」と「AMPP500」を比較

RoadBike

現在ロードバイクのヘッドライトにAMPP500を使っていますが、Uber Eatsの配達時に充電が切れることがたびたび起こったので予備用としてVOLT400を購入したので比較してみようと思います。

SPONSOR LINK

VOLT400の取り付け

CATEYEのサイコンも付けているのでアウトフロントブラケットで下側に取り付けます。本体が長めなので若干ケーブルに干渉します。

VOLT400の明るさ

VOLT400にはハイ・ミドル・ローの3段階の明るさがあるのでそれぞれ夜間に撮影しました。

ハイ(約400lm・約3時間)

前方の一部分とその周囲ではっきり明るさが変わります。
ちょっと薄暗くはなりますがかなり広い範囲で照らしてくれます。

ミドル(約100lm・8時間)

100lmになりハイに比べてかなり暗くなりました。街頭の無いような道に使うにはちょっと暗すぎます。

ロー(約50lm・約18時間)

さらに暗くなります。この明るさだと夜間の視野を広げるためというよりは街中等で自分の存在を周りにしらせるための用途になります。

AMPP500の明るさ

AMPP500については下記記事でレビューしています。
同じ条件でAMPP500の明るさと比較してみました。

ハイ(約500lm・約1.5時間)

かなり明るい。VOLT400と比べると周囲を照らすというよりは前方を重点的に照らします。
原付等と変わらないレベルの明るさです。滅多に使うことはないでしょう。

ロー(約250lm・3時間)

ローでも十分明るいです。普段はほぼローで使っています。

両者を比べてみると、周囲も広く照らしてくれる横に強いVOLT400と、前方をより遠くまで照らしてくれる縦に強いAMPP500という感じでそれぞれに特徴があります。

価格的にはVOLT400の方が高いですが、バッテリーが劣化した場合交換できるメリットがあるので、VOLT400をメインに使う方がいいかなと思っています。

VOLT400 ハイ vs AMPP500 ロー

同じ3時間のVOLT400 ハイとAMPP500 ローを並べてみました。

前方の視認性ではAMPP500に部があります。路面を視認できる部分がかなり広いです。
明るさならAMPP500ですが、バッテリー一体型というデメリット、逆にVOLT400はバッテリーが交換できるメリットがあり、どちらをメインに使うかは悩ましいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました