ZOOT NATIVEのIPv6でフレッツ光が超高速になったよ

以前、FF14をプレイするのにおすすめのプロバイダという記事でプロバイダはインターリンクがおすすめと紹介していました。もう2年も前の話ですが、当時は快適だったものの、2年の間に環境は変わり、インターリンクでも混雑時には速度がかなり低下してきました。
じゃあどこのプロバイダを使えばいいんだと途方にくれていたところに救世主が・・・

これまでの状況

インターリンクのZOOT NEXTをずっと使ってきました。自宅にあるNASに外部から接続したかったので固定IPを安くできるサービスということで始めたのですが、OCN等の大手に比べると利用者が少なかったためかずっと快適に使えていました。しかし今年か去年くらいから明らかに遅くなり、おそらく帯域制限をかけているような状態でした。

21時くらいの最も混むであろう時間帯ですが、1.4Mbpsとありえない遅さ。ちなみに回線はフレッツ光ネクストギガラインタイプ。1Gbpsです。
このレベルになるともう動画サービス等は止まりまくってまともに観られないレベル。

こうなった原因としては、光回線の利用者の爆発的な増加が考えられます。
2015年3月からドコモとSoftbankの携帯会社が揃って光回線のサービスを開始し始めて状況が変わってきました。スマホが普及し、動画やゲーム等膨大な通信が必要になったことで、携帯回線のパケット量を抑えるために家に光回線でWi-Fiを繋ぐ家庭が爆発的に増えていきました。もう日本中の回線が混雑してどうにもならないレベルにきていると思います。
混雑してしまえばもう1Gbpsも100Mbpsも一緒。

次世代インターネット接続のIPv6

そんなやばい状況の中登場したのがIPv6。
通常インターネットにつなぐためには携帯でも光でもIPアドレスという固有の番号が必要になります。111.222.333.444のようなドットで区切られた12桁の番号です。IPv4と言われていて数字の組み合わせは42億個くらいあります。これが今世界中で枯渇状況にあり、それを解消するために生まれたのがIPv6。
IPv6は16進数になっており、2001:1234:5678:90ab:cdef:1234:5678:90abという感じですべての組み合わせは340澗個あるらしいです。澗は10の36乗。わからん。

ではIPv6で接続すると何が変わるのか。
IPv6の接続方式には2種類あり、従来のIPv4と同じPPPoE(トンネル方式)、もう一つはIPoE(ネイティブ方式)。速くなるのは後者のIPoE接続です。
以下はインターリンクの画像を拝借しています。一言で言うと網終端装置を通過するかしないかの違い。

PPPoEで接続するとパケットが網終端装置を通り、各プロバイダへ振り分けられます。この網終端装置が混雑することで速度低下が起こります。
高速道路で料金所でお金を払うために混雑するみたいな感じでしょうか。
IPoEではこの網終端装置を経由しないので、混雑や速度規制の影響を受けずにインターネットに接続できるためにIPv4よりもIPv6が高速に接続することができます。高速道路で言うETCみたいな。

参考:IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)

ZOOT NATIVEとは

IPv6が速いとは言え、IPv6の恩恵を受けるには、接続先のサイトもIPv6である必要があります。現在IPv6に対応しているサイトはYouTubeとかFacebookとかTwitterとか一部のサイトのみ。Yahooでさえまだ対応していません。

じゃあ意味ないじゃんと思っていたところで登場するのがZOOT NATIVEです。IPoE DS-Lite方式と呼ばれる技術で、IPv6と同じようにIPv4も制限なく通信しちゃうぜっていうまるで乗車券しかないのに特急に乗れちゃうみたいなすごい技術。
でもお高いんでしょう?と思われますが、2,160円(税込)。普通のプロバイダ料金だとちょっと高いかなってくらいのレベルです。
最近では普通のプロバイダ契約に無料でIPv6に対応するサービスも出てきましたが、それはIPv6 PPPoE方式や普通のIPoE方式なのでちょっと違います。

ZOOT NATIVE

ZOOT NATIVEを導入するために

デメリットとしては使えるルーターが限られるという問題があります。IPoE DS-Lite方式に対応したルーターがそれほど多くなく、バッファロー・IOデータ・YAMAHAなどの一部ルーターのみ。

その中でも安く、5000円くらいで手に入るI-O DATAのWN-AX1167GRを購入しました。

ちなみにWN-AX1167GRとWN-AX1167GR/V6の2種類あってIPv6に最初から対応しているか、ファームウェアアップデートで対応させるかの違いだけでそれ以外は全く一緒です。ならば安いWN-AX1167GRを買った方がお得、ファームウェアアップデートなんてすぐできるし。
ZOOT NATIVEに契約して完了通知が来たらルーターの設定をしますが、設定内容は・・・

これだけ。
無線LANとかローカル用のDHCPとか必要に応じて設定は必要ですが、IPv6でインターネット接続するための設定は「transix」を設定するだけです。普通なら接続用のIDやパスワードを入力しますが、IPv6はどうやらNTTの回線とプロバイダが紐づけされるらしく、これだけでつながります。

IPv6での速度計測

はっっっっっっや!!!!!
通常ならピークと言っていいくらいに混雑する22時代でもこの速さ!もはや家にあるNASにデータをコピーするより速いんじゃないかってレベルです。

ZOOT NATIVE万歳。

ついでにPS4でもチェック。

PCでの計測よりは落ちますがそれでも126.5Mbps。

先日発売されたCall of Duty WWII。PS4の診断ではNATはタイプ2(モデレート)でしたがこちらだとオープンになっていました。

続いてFF14。ポートは関係ないのでもちろん問題なし。
ManaのデータセンターへPINGしてみると・・・
124.150.157.156 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
124.150.157.156 からの応答: バイト数 =32 時間 =10ms TTL=55
124.150.157.156 からの応答: バイト数 =32 時間 =9ms TTL=55
124.150.157.156 からの応答: バイト数 =32 時間 =10ms TTL=55
124.150.157.156 からの応答: バイト数 =32 時間 =9ms TTL=55

10ms以下とめっちゃ速い。
もしかしてと思ってnslookupしてみたら、IPv6対応してた。
nslookup 124.150.157.156
サーバー: UnKnown
Address: 2404:1a8:7f01:b::3

もちろんスマホも速い。
176Mbpswwwwwwwww

ZOOT NATIVEで接続したらIPアドレスやホストは?

IPv6でIPv4も接続できるってことはIPv4のIPアドレスやホスト名はどうなるんだろうと思い、下記のサイトへアクセスして調べてみると・・・

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

transix.jpというドメインでした。
つまりこういうことですね。
http://www.mfeed.ad.jp/transix/

IPv6の注意点やデメリット

滅茶苦茶早くて快適なIPv6ですが、始める前にちょっとした注意点があります。私もハマってしまって始めるのが遅くなってしまったのですが、それは前述したプロバイダとの紐づけ。無料でIPv6も使えますよっていうプロバイダだと、知らない間にすでに紐づけされてしまって、いざ契約しようと思ってもできないってことがありました。私も違うプロバイダを契約しており、そちらで紐づけされてしまったために解除しようと問い合わせてもできないと返答され、仕方なく解約したがすぐには解除されずに2か月くらい待ってました。なので事前に確認した方がいいかと思います。

もう一つは、IPv6だとポートの解放ができません。なのでポート開放が必要なゲームやサービスが利用できない場合があります。でもIPv6接続とIPv4接続両方での接続もできるので2種類のプロバイダ契約が必要になってしまいますが、必要に応じて切り替えたり、特定のパソコンだけをIPv4でということも可能です。

【よくある質問】ZOOT NEXT(IPv4 PPPoE)とZOOT NATIVE(IPv6 IPoE)を併用することはできますか?
https://faq.interlink.or.jp/faq2/View/wcDisplayContent.aspx?id=480

これだけデメリットはあるものの夜でも快適にインターネットができるってだけで大満足。

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA