FULCRUM Racing 5 DBとGravelKing SSでグラベルロード化

ロードバイク
ロードバイク

SCOTTのSPEEDSTERを購入して半年ちょっとが経過し、ProBikeKitでFULCRUM Racing 5が安かったので購入し、タイヤもGravelKing SSと合わせて交換しました。

SPONSOR LINK

ProBikeKitでFULCRUM Racing 5 DBを購入

ディスクブレーキ用のホイールで5万円以内くらいで探してみると、ディスクブレーキはリムブレーキより価格が高く、選択肢は限られます。その中で一番良さそうなのがFULCRUM Racing 5でした。

いつもはWiggleで買っていましたが、ProBikeKitの方が安かったし初回割引も使えたのでPROBIKEKITで初めて購入してみました。

ProBikeKitでは通常は43,000円くらい、さらにセールで40,000円まで割引されていて、さらに1,000円割引クーポンで39,000円で買えました。国内の自転車店だと5万円以上するのでかなりお得。

下記のリンクから購入するとお友達紹介割引で10%オフで購入できるのでさらにお得です。

ProBikeKit

ProBikeKitはイギリスからの発送です。
2月10日に購入して2月19日に到着しました。けっこう早い。
Wiggleだと1か月近くかかることもあります。
受取時に関税2,300円を支払いました。

FULCRUM Racing 5 DBが到着

こんな感じの箱に入って到着。

ホイール本体とマニュアル(日本語付)、チューブレスバルブがついています。
デザインは派手過ぎずシンプルで好みです。

FULCRUM Racing 5 DBに交換

早速交換してみようと標準ホイールからディスクローターとスプロケットを外し、FULCRUM Racing 5 DBに取り付けようとしたところここで問題が・・・

ディスクローターを固定するロックリングを固定する工具が無い。
標準ホイールからは手持ちのボトムブラケット工具で外せたのでてっきり同じだと思っていました。
どうやらシマノホローテック2用の工具が必要なようです。

急いでこれを買いました。クランクキャップ用のツールもついています。

こんな感じでロックリングに取り付け、

手持ちのレンチで締めていきます。

タイヤも履かせて取り付け完了です。
タイヤはグラベルキングSSの35C。元のバイクはエンデュランスロードというカテゴリでしたが、これでほぼグラベルロードとなりました。

FULCRUM Racing 5 DBのレビュー

ホイールの重さは1,610g、標準ホイールが2,130gだったので500gも軽くなりました。

走行してみた感覚では圧倒的な差というほどは感じませんが加速や速度維持はしやくすなったと思います。
タイヤが35Cなのでかなり重いですが、30km巡行もさほど無理なくできるようになり、40km以上の速度も出しやすくなりました。あとは何となくの感覚ですが走りがマイルドで柔らかい感じがします。

さらにタイヤはグラベルキングなので、荒れた路面や砂利道でも安定して走れます。

動画で撮影してみました。
ラチェット音はとても静か。

標準ホイールからの交換や初めてのホイール交換にベストなホイールです。

また、チューブレス・レディなのであらかじめチューブレス・テープも貼られており、バルブも付属しているので、いつかチューブレスも試してみようと思います。


Fulcrum – Racing (レーシング) 5 ディスクロードホイールセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました