Core i7-6700Kの非対応PCをWindows11にアップグレードしてみた

自作PC

Windows11がリリースされて、アップグレードしようかなと互換性チェックをしてみたら、Core i7-6700KはWindows11非対応ということがわかりました。ただし、自己責任にてチェックを回避してアップグレードする方法もあったので試してみました。

SPONSOR LINK

現状のPC構成

CPU: Intel Core i7-6700K
マザーボード: MSI Z170A GAMING PRO CARBON
メモリ: DDR4 PC4-21300 8GBx2 4GBx2
VGA: MSI GeForce GTX 1070 ARMOR 8G OC
SSD: M.2 NVMe 500GB CSSD-M2B5GPG3VNF
HDD: WD20EARX
ケース: Fractal Design Define R5
電源: Corsair CS650M

基本構成は以上です。Windows11対応CPUは第8世代以降なので非対応です。

また、拡張カードとしてPT3というけっこう古い地デジチューナーカードを取り付けているのでこれが動作するのかちょっと不安です。

PC正常性チェック

Windows11へアップグレードするためのシステム要件を満たしているかどうかをチェックするためにWindows11のサイトからPC正常性チェックアプリをダウンロードしてチェックします。

チェックした結果、やはりCore i7-6700Kはサポートされていないということがわかりました。
また、画像には記載されていませんが、TPM2.0が有効になっていないというアラートも表示されていました。これについては後述のBIOS設定で有効化できました。

TPM2.0を有効化

現在しようしているマザーボードはMSI Z170A GAMING PRO CARBON。
MSIのウェブサイトによるとZ170のチップセットはTPM2.0に対応しているようなので、BIOSで設定をします。

「Settings」→「Security」→「Trusted Computing」→「Security Device Support」をEnabledにし、「TPM Device Selection」をPTTに変更します。AMDならAMD CPU fTPM。

その後Windows10の「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windowsセキュリティ」→「デバイスセキュリティ」→「セキュリティプロセッサの詳細」を開いて、使用バージョンが2.0になっていればOK。

レジストリの書き換え

次にCPUのチェックを回避するためにレジストリを書き換えます。

regeditを起動してHKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥Setup¥MoSetupを開き(MoSetupがない場合は新規キーで作成)、右の画面で右クリック「新規作成」→「DWORD(32ビット)値」を選択。名前を「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」に、値のデータを「1」にしてOKをクリックします。
これでインストール時のチェックを回避できるので、Windows11へアップグレードします。

Windows11へアップグレード

アップグレードはWindows Updateからではなくインストールメディアを作成して行います。
Windows11のダウンロードページから「Windows 11 のインストール メディアを作成する」の「今すぐダウンロード」をクリックしてダウンロードします。
※「Windows 11 インストール アシスタント」からではアップグレードできないので注意

USBメモリ等にインストールするか、ISOファイルを作成します。
アップグレードなのでメディアから起動する必要はないのでどちらでもOK。

メディアを作成したら中のsetup.exeを起動してアップグレードを開始します。

Windows11の使用感

Windows10からアップグレードしてどこが変わったのかいくつか紹介します。

懸念していた古いデバイスやアプリは今のところ問題なく動いてます。
Windows10で動いたものは基本的には動くと思っていいかもしれません。

デザインの変更

スタートメニューとか設定画面とかシンプルですが見やすくなったと思います。Windows8から始まったフラットデザインのごり押しによりWindows10になってもほぼ単色でシンプルすぎてわかりにくいでした。
アイコンのデザインも一新されてより直感的な操作がしやすくなったかなという印象です。少しMacっぽい雰囲気にもなってきました。
とにかくWindows8と10のデザインが嫌だったので多少改善されました。

特に設定画面はかなり分かりやすくなった気がします。

効果音の変更

Windows10までの効果音、特にエラー等の警告音は以上に高音で突然鳴るとイラっとすることもしばしばありましたが、Windows11になってボワーンという低くて落ち着いた音になりました。

右クリックのメニューの変更

ファイルやフォルダを右クリックしたときのメニューも変更になりました。
カット・コピー・ペースト・削除といった基本動作はアイコンのみになりました。
これらの動作は大抵ショートカットを使うのでコンパクトにまとまって良いと思います。ただしパソコンに慣れていない人には分かりにくくなったかもしれません。
インストールしたアプリケーション固有の動作はその他のオプションにまとめられました。2段階の動作になったので頻繁に使う人にとっては少し煩わしいでしょう。

私は性格上、習うより慣れろ、住めば都の精神なので新しい環境について前の方が良かったと思うことは滅多にないので、全体的には良い印象です。とにかくデザインが改善されたのが何より、

コメント

タイトルとURLをコピーしました