MacBook Air (2020)のベンチマークをEarly 2015と比較

MacBook Air (2020)からMacBook Air (Early 2015)に買い替えて、その性能がどれくらい違うのかCPUやディスクなどベンチマークを計測して比較してみました。

Geekbench 5

Geekbench 5はMacをはじめWindowsやスマートフォンなど様々なデバイスのCPUやGPUをベンチマークできるソフトです。

MacBook Air (2020)


MacBook Air (Early 2015)


Windows 10 ( Core i7 6700K & GTX 1070)

参考までに自作のWindowsでも計測。

iPhone 11 Pro

さらにiPhone 11  Pro。

まとめ

 

Device Single-Core Multi-Core OpenCL or Metal Score
MacBook Air (2020) 1156 3105 7107
MacBook Air (Early 2015) 749 1752 3382
Windows 1065 3823 44570
iPhone 11 Pro 1330 3530 6424

2020と2015だとほぼ倍くらいの性能差になりました。
5年前のデスクトップ用Core i7に匹敵するくらいのスコアです。
てか、iPhone 11 Proすげえ・・・

AmorphousDiskMark

SSDの速度を計測。

MacBook Air Early 2015 (SM0128G)

MacBook Air 2020 (AP0512N)

スコアは2020が上という感じですが2015も全く遅いわけではありません。5年前のSSDでこのスコアはかなり優秀です。体感速度はほとんど変わらないレベル。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© Digitalyze. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。