冬のロードバイク用おすすめインナー

冬のライドで重要となってくるのがインナー選び。人気がある製品をいくつか試してみてよかったもの、おすすめしないものをそれぞれご紹介します。

モンベル ジオライン

インナー最強と評価の高いモンベル ジオライン。

薄手/ライトウェイト、中厚手/ミドルウエイト、厚手/エクスペディションの3種類あります。ロードバイクなら中厚手くらいがいいかもしれません。私は汗かきで暑がりなので薄手を使っています。
発汗性が高いので汗をかいてもベタッと張り付かないし、制菌加工によって1日着てても全く匂いません。2,3日着続けてもいんじゃないかってくらいです。

肌触りもよく、初めはロードバイク用に買ったものの、良すぎて冬の間は普段も常にこれを着ています。さらにすごいのが全く静電気が起きないこと。これを着たときに静電気が起きたことは一度もありません。またすぐに乾くので夜洗濯しても部屋干しで次の日の朝には乾いてます。あと薄手はけっこうデリケートなので洗濯ネット推奨です。

デメリットは高性能な分それなりのお値段なのでちょっと手が出にくい点くらい。

A.D.ONE 発熱保温コンプレッション

聞いたことのないメーカーでしたが、買ってみたら意外と良かったのがこれ。
裏起毛素材でとても暖かく、発汗性もそれなりに高いので真冬のライドにはおすすめです。これを着て上にRaphaのクラシックジャージの2枚だけでも冬の5℃~10℃くらいの日中なら十分でした。朝夕の氷点下に近い気温だと上にウィンドブレーカーがいるかな?って程度。値段も安くてかなりコスパ良し。

おたふく手袋 ボディータフネス

冬用インナーとしてはけっこう有名で人気ですが、ロードバイクには不向きです。暖かさは申し分ないのですが上記の製品に比べると発汗性が悪く、汗をかくと冷えて寒くなります。作業着メーカーなのでスポーツというよりは野外での作業用ですね。

ユニクロ ヒートテック

間違いなくロードバイクには不向きです。発汗性が低すぎて汗をかくと地獄。ベタッと貼りついて気持ち悪いし、冷えて寒いし。汗をかかない普段の生活であればもちろん暖かくていいですが、スポーツをするときに着るものではありません。

とりあえず冬用インナーはジオライン買っとけば間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA