Amazonで購入したモバイルバッテリーや充電式電池の処分方法

モバイルバッテリーとか充電式ニッケル水素電池とか購入後時間経過ととも劣化し処分しようとしましたがゴミとして出せないのでいろいろ調べました。

自治体のゴミでは処分できない

アルカリ電池やマンガン電池は回収してくれますが、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池などの充電可能なバッテリーは発火の恐れがあるので基本ゴミでは回収してくれません。モバイルバッテリーもリチウムイオン電池なので当然不可。

一般社団法人JBRCが設置する回収ボックス

家電量販店で設置してある回収ボックスでリサイクルが可能です。ただし、JBRC会員企業のみに限られるため、海外メーカーのモバイルバッテリー等は回収できない場合があります。エネループのような日本メーカーの製品なら大抵リサイクル可能です。例外として海外メーカーでもダンボーのバッテリー等で有名なcheero(チーロ)はJBRC会員なので回収できます。他にもあるかもしれませんが検索サイトが見づらいので確認できませんでした。

 排出場所検索

Amazon basicsの電池やAnkerのモバイルバッテリー

Amazonで販売している電池やモバイルバッテリーの多くは、AmazonをはじめJBRCに加入していないことが多いので上記のボックスでは回収ができません。

Amazonの小型充電式電池のリサイクル

Amazonベーシックの充電式電池は安くてコスパがいいのが過去に何度か購入しましたが、最後に購入したものがもう5年近く前でほぼ寿命に近いので全く使っていませんでした。捨てたくても捨てれずずっと保管していたのですが、Amazonのヘルプにリサイクル方法が記載されていました。

 小型充電式電池のリサイクル

Amazonが無料で回収してくれます。しかも着払いでいいので一切費用はかかりません。

カスタマーセンターに連絡後、ビニールテープ等でショートしないように絶縁したら指定された住所にゆうパック着払いで送ればOKです。

Ankerのモバイルバッテリーのリサイクル

処分したいバッテリーはこれ。小型でちょっとした外出時やロードバイクにマウントするのに便利でしたが、水没させてしまい使えなくなってしまいました。

モバイルバッテリーで有名なAnkerもJBRC会員ではないので別にリサイクルしなければなりません。

公式サイトのQ&Aにリサイクルについての記載がありました。

問い合わせフォームから申し込むと「専用の回収用キット」が送られてくるので梱包して送ります。こちらも送料は着払い。回収したバッテリーは「一般社団法人JBRCに登録済みの排出事業者により適切にリサイクル処理致します。」とあるので別の事業者によって処分されるようです。

リサイクルできるバッテリーとできないバッテリー

前述のAmazonやAnkerは自社でリサイクルを受付ていますが、Amazonでよく売られている安い中国製のバッテリーなどはリサイクル方法が明記されていない限り回収不能ということになります。安くても後の処分を考えるならモバイルバッテリーはAnkerやcheeroなどリサイクル可能なメーカーを選ぶべきだと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA