Apple Watch 3の画面が割れたので修理に出した

Apple Watch 3を購入して約半年、ついにやってしまいました。
今まで運動中に壁とかにぶつけたり、ヤバイと思ったことは何度かあったのですが、特に問題なかったのでけっこう頑丈かなと思っていました。

割れた原因が不明

ある日、家に帰って充電しようと外したところで割れているのに気づきました。
ぶつけた記憶はなく、酒に酔っていたわけでもなく、激しい運動をしたわけでもない。けっこうがっつり割れていたのでおそらく無意識にぶつけたか挟んだのだと思いますが、全くの原因不明でガッカリでした。

保証期間内ではありますが、過失によるものなので有償でも修理してもらうことにしました。

Apple Watchの修理費用

AppleのWEBサイトで修理費用を調べました。

https://support.apple.com/ja-jp/watch/repair/service/pricing

Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) (アルミニウム) の修理費用は、AppleCare+に入っていれば8,400円(税別)ですが、未加入だったため31,800円(税別)でした。購入価格が48,800円と比べるとかなり高い・・・

Appleサポートへ

https://getsupport.apple.com/

サポートページからApple Watchを選びます。

「修理と物理的な損傷」→「ディスプレイのひびや破損」を選びます。

「修理サービスをオンラインで手配する」を選ぶとApple IDでサインインして登録してある機器から修理の手配ができるはずなのですが、なぜかエラーが出てしまい手配できず。仕方ないのでチャットで手配をしました。

チャットは非常に丁寧で好印象。問題なく手配が進みました。
手配の最中にやったことは、Apple WatchからApple Payの登録解除、Apple WatchとiPhoneの登録解除です。

以上のことを済ませたらあとは指定した日時にクロネコヤマトが集荷に来てくれるので、バンドを外して本体だけを渡せばOK。

修理費用は後でカードで支払うか、修理品が送られてきた際にヤマトのドライバーに現金で支払うかが選べます。

Apple Watchのない生活

わずか数日の間ですが、購入してからほぼ毎日続けているワークアウトや消費カロリーの記録をつけてくれていたので、いざ無くなると運動するモチベーションはけっこう下がりました。

修理依頼から返却までの時間経過

クロネコヤマトの集荷が来たのが5月24日(木)の夜、修理センターに到着したのが26日(土)の昼頃、修理にかかる時間は到着して最大5営業日ということでしたが、土日でも修理作業が進んでいて翌27日(日)に発送、28日(月)に受け取りと4日くらいで終わりました。

修理ではなく交換だった

うっすらWATCHと書かれた箱に入って送られてきました。

「お客様の交換品を発送しました」と書かれている通り、ディスプレイ修理といっても実際は本体ごと交換になるようです。
シリアルナンバーを確認したところ前と異なるナンバーになっていたでの間違いないようです。ディスプレイは直ったし、アルミ部分の細かいキズもきれいな新品になって帰ってきました。

今後の対策

Apple Watchを半年使ってみて今回割れてしまう前にもけっこう強く壁にぶつけたりして液晶にキズがついたことがあったのですが、しばらくしたらいつの間にか消えていたことが何度かありました。もしかしたらキズではなく壁の素材が付着してキズのように見えていただけかもしれないので、液晶自体はかなりキズはつきにくいと思います。なので保護フィルムは必要ないと考えました。

画面が割れるのは相当な衝撃が加わったと思うのでフィルム程度では何の意味もないと思います。

画面割れを防ぐならフィルムではなくハードケースがいいと思いますが、外見が変わるほどのゴツイケースはダサくて使いたくないので、

試しにこういう透明なプラスチック製のケースを買ってみたのですが、付けた当初はいいものの、運動とかで汗をかいたりすると本体とケースの間に水分が入り込み、くもったり画面が操作できなくなったりして不便でした。

結局裸のまま・・・
激しい運動とか人込みの中とか危険なときだけ付けておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA