真冬のUber Eats(ウーバーイーツ)自転車配達に必要な装備を揃えてみた

Uber Eats

12月も下旬に差し掛かり、宇都宮も冬本番で夜は氷点下になることも増えてきました。そんな今は稼ぎ時で時給1,500円越えも余裕なほど忙しいので、平日の夜でも頻繁に稼働しています。そんな真冬の配達にも耐えられる装備を紹介します。

SPONSOR LINK

真冬の配達三種の神器

真冬の配達時に守るべき部位はとにかく耳・手・爪先の3つ。体の先端部分です。
自転車配達ではペダルを回していれば体は温まりますが、体の先端部分は動かないのでここが冷えるとかなり辛く感じます。逆にここさえ温かければ冬でも快適に稼働できます。

モンベル ストレッチクリマプラス200 マルチネックゲーター

ネックゲイターとヘッドバンドが合体したようなやつ。一見バラクラバのようですが、頭の部分は空いているのでヘルメットを被るときにもきつくなりません。首も耳も温かい。フリース素材なので保温性、通気性にも優れており、真冬でも自転車で走っていると汗をかくくらいの温かさ。

ネックゲイターはマスク代わりにもなるので一石二鳥。

GORIX ゴリックス ドロップハンドル用防寒カバー

スマホ対応で厚手の手袋とかも使ってみたんですが、結局たどり着いたのがこのハンドルカバー。
やっぱり手袋だと細かいスマホの操作がしにくいし、商品を扱うピックアップやドロップ時に脱がなければいけないので非常に面倒だし時間もかかります。

見た目はちょっと悪いですが、ハンドルカバーなら風が当たらないだけで意外と素手でも寒くありませんでした。いつもはハーフフィンガーグローブを着けています。もっと寒くなったら中にカイロとか入れておいでもよさそう。

THE NORTH FACE ヌプシ ブーティー ウォータープルーフ ロゴ ショート

とにかく軽い、温かい。長時間自転車に乗っていると一番冷えるのが爪先で、爪先の感覚が無くなるくらい冷えるんですが、これを履いてからは全くなくずっと温かい。防水でもあるのでちょっとした雨や雪でもいけます。
見た目もカッコイイので普段でも履けます。

これでもまだ寒いという場合にはつま先にアルミホイルを巻いたりして保温するといいです。

真冬の自転車配達ウェア

ウェアはその日の気温等により変わってきますが、自転車用ウェアの基本はインナー・中間着・アウターのスリーレイヤーが基本になります。

その中でも一番重要なのがインナー。自転車は走っていれば冬でもそれなりに汗をかくので、保温効果と速乾性が重要になってきます。あとは体に密着したインナーを着ることで走っていても冷たい空気に触れることなく常に温かい状態を保てます。

インナーでコスパが良くておすすめなのがおたふくのコンプレッションシャツ。

あとは少々お値段はかかりますが、モンベルのジオライン M.W. サイクルアンダーシャツもおすすめ。

逆におすすめしないのがユニクロのヒートテック。ユニクロのヒートテックは素材が38% レーヨン,31% アクリル,24% ポリエステル,7% ポリウレタンとなっています。この中でもレーヨンは特に吸湿性が高く、吸湿した摩擦で熱を発する仕組みのため、速乾性は多少の汗なら問題ないですが、長時間の運動には向きません。

中間着はいろいろですが、基本的にはポリエステル等の速乾性に優れた素材のスウェットとかサイクルジャージを来ています。

アウターは夜間等氷点下になるときはゴアテックス、昼間の日が出ている時間帯は薄めのウインドブレーカーという感じで使いわけています。

パンツはパッド付きのサイクルパンツを下に履いて、上からスウェットパンツとかジャージを履いています。
サイクルパンツは裏起毛等厚手の冬用のものではなくあえて春秋用の薄手のパンツをインナーとして履いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました