Parallels DesktopでMac miniにWIndows8をインストール

Windows8
Windows8が発売されてしばらくたちますが、アップグレード版を購入したものの、メインのPCではアップグレードができなかったので、Mac miniにてParallels Desktop上で動かすことにしました。

Parallels Desktop 8 for Mac

Parallels DesktopはMac上でWindowsをはじめ様々なOSを仮想化するためのアプリケーションです。最新版の8ではWindows8に正式対応しています。一般的なウィンドウモードとフルスクリーンモードに加え、まるでMac上でWindowsのアプリケーションが動作しているかのように扱えるCherenceモードがあります。

Windows XPのインストール

Windows8
アップグレード版の新規インストールではライセンスの認証ができないので先にWindows XPをインストールします。
インストール先はSSDを使っているMacと同じドライブにしました。120GBなのでちょっと容量が不安ですが40GBくらいしか使ってないので多分大丈夫。
インストールDVDやISOなどのファイルからもインストールできます。購入後にダウンロードしたWindows8-setup.exeはSP3でしか動作せず、手持ちのXPはSP2だったのでアップデートも必要でした。

Windows 8のインストール

Windows8
Windows8-setup.exeを起動して手順に沿って進めていきます。システムのダウンロードに少し時間がかかりましたがインストール自体はあっと言う間に終了。
Windowsのインストルーが終わったら、Paralles Toolsをインストールします。これが無いとマウスの同期やファイルの移動などができません。
WIndows8
Paralles Desktopの設定でCPUに2コア、メモリに2GBを割当ました。ディスクのサイズは使用量によって変動します。
WIndows8
ネットワークの設定では、デフォルトで共有ネットワークとなっており、このままでもインターネットへ接続することができますが、ローカルのネットワークに接続できないので、ブリッジモードでMacのEthernetを選択しました。これでルーターなどからIPアドレスが取得できるのでNASやホームグループなどのローカルネットワークに接続できます。
Windows8
パフォーマンスの評価です。グラフィックスはMac miniがIntel HD4000なので一番低いスコアになっています。SSDなのでハードディスクは高評価。

Parallels Desktopの動作

Parallels Desktopの動作をキャプチャして動画にしてみました。ゆっくりによる説明付き。

仮想だからといって特に遅いこともなく快適に使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA