古いノートパソコンにChrome OS Flexをインストールしてみた

ソフトウェア

Googleから無料で使えるOS「Chrome OS Flex」がリリースされたので、2013年に購入したDELLのVostro 3360にChrome OS Flexをインストールしてみました。

SPONSOR LINK

Vostro 3360のスペック

スペックは以下の通り。

CPU:第3世代Intel Core i5-3337U
メモリ:8GB DDR3 1600MHz
SSD:128GB SATA
チップセット:Mobile Intel HM77

以前の記事でメモリを8GBに、HDDからSSDに交換しています。

Chrome OS Flexの動作環境

動作環境は以下の通り、2010年より前のパソコンではパフォーマンスが足りず不安定になることもあるようです。

  • アーキテクチャ: Intel または AMD x86 の 64 ビット互換デバイス
  • RAM: 4 GB
  • 内部ストレージ: 16 GB
  • USB ドライブからの起動をサポート
  • BIOS: すべての管理者権限 – 問題が発生した場合、管理者は Chrome OS Flex USB インストーラから起動して BIOS で設定する必要があります。
  • プロセッサとグラフィック: 2010年より前に製造されたコンポーネントは、動作が不安定になる可能性があります。
    注: Intel GMA 500、600、3600、3650 のグラフィック ハードウェアは、Chrome OS Flex のパフォーマンス基準を満たしていません。

Chrome OS Flexのインストーラーを作成

ChromeウェブストアからChromebook リカバリ ユーティリティをインストールします。

モデルを選択する画面でGoogle Chrome OS Flexを選択します。
その後、保存するUSBメモリを選択してリカバリイメージを作成します。

ノートパソコンにChrome OS Flexをインストール

USBメモリをノートパソコンに挿し、F12を押してブートメニューを開き、USBから起動するように設定します。

最初にChrome Voxを有効にするかどうか聞かれますが、これは音声でガイドしてくれるスクリーンリーダーなので不要な場合はNoを選択します。

言語を日本語に設定します。

Chrome OS Flexをインストールを選択します。
インストールせず毎回USBメモリから起動して使うこともできるようです。

数分でインストールが終わり、再起動するとChrome OS Flexが起動します。
Chrome OS Flexのロゴが表示されてから10秒も経たないくだいでログイン画面になるのでかなり速い。

Chrome OS Flexの初期設定

設定はたった一つ。Googleアカウントのみ。逆に言えばGoogleアカウントが無ければ何もできません。

Chrome OS Flexでできること

Chrome OS Flexのデスクトップです。
基本的に全てChromeブラウザで動くサービスが使えます。

全てGoogleのサービスなので外部のアプリをインストールするといったことはできません。
Chrome ウェブストアでインストールする拡張機能であれば可能です。

YouTubeの視聴ももちろんできます。
Gmailでメールしたり、Googleカレンダーでスケジュール管理したりGoogleミートでWEB会議したり、Googleのサービスであれば何でも使えます。それ以外でも、Chromeブラウザ上で動くアプリケーションであればZOOMとかOfficeとかを使うこともできます。

Chrome OS Flexの容量

Chrome OS Flexの使用する容量を調べてみると、システムは不明、アプリと拡張機能で144MB使っていました。
128GBのSSDで残り102GBなので、実質の容量を考慮しても10GB程度の使用量でした。

使わずに眠っている古いノートパソコンがあるなら、Chrome OS FlexをインストールしてサブPCとして使うのもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました