格安HDMIキャプチャーボードでSwitch Sportsを録画・配信してみた

Nintendo Switch

ふとSwitchのキャプチャーがしたくなり、キャプチャーボードを買おうと思いましたが、継続的に配信したりするわけじゃないので安いのを探して試そうと思い、Amazonでちょっと怪しい激安なHDMIキャプチャーボードを購入しました。

SPONSOR LINK

HDMIキャプチャーボード

キャプチャーボードを選ぶ条件として、1080p60fps対応のもの、パススルー対応のものを条件に探しました。

4K HDMI キャプチャーボード パススルー USB3.0 1080P 60FPS 4K HDMIパススルー ゲーム実況 PS5/PS4/Xbox/Wiiu/Nintendo Switch 対応 ライブ配信/Youtube配信/Zoom リモート会議 ゲーム録画 OBS ストリーミング
4K HDMI キャプチャーボード パススルー USB3.0 1080P 60FPS 4K HDMIパススルー ゲーム実況 PS5/PS4/Xbox/Wiiu/Nintendo Switch 対応 ライブ配信/Youtube配信/Zoom リモート会議 ゲーム録画 OBS ストリーミング

見つけたのがこれ。3,000円ちょっとで4Kにも対応、パススルーも対応ということで買いました。
中国製のメーカー名も良く分からないいかにもな商品です。

パススルー対応であることで、INPUTにつなげたゲーム機の映像をOUTPUTでモニターやテレビにそのまま通し、USB経由でPCに映像を送ることで、テレビで遅延なくプレイした映像をPCに取り込むことができます。

映像と音声をOBS Studioに入力

OBS Studioの映像キャプチャデバイスから「USB Video」を選択することでキャプチャーボードの映像が取り込めます。さらに音声入力キャプチャで「USB Digital Audio」を選択することで音声も取り込めます。

追加でWEBカメラの映像をワイプで右下に取り込みました。
あとは配信または録画開始を押せば始まります。

ロジクール Webカメラ C505 HD 720P 自動光補正 ロングレンジマイク 2mの長いUSB接続ケーブル WEBカメラ ZoomやSkype等主要なビデオ通話アプリに対応 ウェブカメラ 国内正規品 2年間メーカー保証
ロジクール C505 ウェブカメラは、ロジクールのこれまでの経験に基づくレンズとフォーカスの最適化により、クラス最高の画質に向上させました。720P / 30FPSの解像度、固定フォーカス、自動光補正による鮮明でなめらかな映像と、最長3m離れた場所からでもクリアで自然な会話を拾うノイズリダクション機能付きロングレンジマ...

致命的な問題点

何も問題ないと思っていましたが、いろいろ録画してみたところ、1080p60fpsと謳っているいるにも関わらず、60fpsで録画できないことがわかりました。録画した1080pで映像はプロパティ上では60fpsになっているものの、1フレームごとに見て見ると同じフレームが繰り返されており、2フレーム毎に変わるので実質30fpsでした。完全に不当表示ですね。
ちなみに720p60fpsではちゃんと60fpsで録画できていました。

シューティングゲームとかシビアなゲームじゃなければ30fpsでも見る分には問題ないですけどね。

Switch Sportsを録画してみた

720p60fpsで録画しています。全く問題なくキャプチャできました。
キャプチャ中はほんのり本体が温かくなりますが暴走するような熱さではないので問題なさそう。

気が向いたときにちょこっと録画したり配信するなら十分かもしれません。
本格的にやるならAverMediaとか有名メーカーのキャプチャーボードをおすすめします。

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482
「Live Gamer Extreme 2(型番:GC550 PLUS)」 は、1080p/60fpsの滑らかな映像を超低遅延で録画が可能。さらに、4K/60fps映像のパススルー機能を装備し、PS4 Proなどの高解像度ゲームにも対応。他にもUSB 3.1 Type-C端子など、最新の技術を取り入れ正常進化を遂げた、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました