Uber Eatsの注文でピンずれしてしまう原因と対処法

Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文する際にスマホのGPSを使って現在の位置情報から登録すれば間違えることはないのですが、警戒心が強くGPSを許可することに抵抗がある方や、スマホではなくパソコン等GPSの内端末から注文する方も一定数います。そのため手入力で住所を入力する段階でピンがずれてしまうトラップがあります。

SPONSOR LINK

そもそもなぜピンずれしてしまうのか

市役所や県庁にピンが設定されてしまう

一番多い理由は住所の入力途中で下に表示される候補から選んでしまうことにあります。

例えばこのように、「栃木県」とだけ入力すると、リストに栃木県が出てきます。
このとき、このリストから選んではいけません。ここで栃木県を選んでしまうと、地図は栃木県の中心にピンが立ってしまいます。Google Mapで「栃木県」を検索した中心の場所です。

つまりこの状態。当然エリア外なのでこのまま設定することはできません。

次に、「栃木県宇都宮市」まで入力すると、リストに「宇都宮市」が出てきます。
この状態で先程と同じようにリストを選択すると・・・

Google Mapで「栃木県宇都宮市」を検索した場所、つまり宇都宮市役所にピンが立ちます。
市町村名で検索すると必ず役所にピンが立つようです。
そして宇都宮市役所はエリア内なので、このまま注文ができてしまいます。

仮にこのまま住所の詳細を入力したとしても、最初の住所が「日本、栃木県宇都宮市」となってしまっているので、このまま注文してしまうと・・・

このように市役所を指した状態になります。

このままでも注文できますが、当然配達パートナーは市役所付近から注文されたものとして配達するので、市役所に行きます。当然注文者はいませんのでメッセージや電話等で連絡がきます。ここで正しい住所を伝えることで、場合によっては届けてくれる配達パートナーもいますが、あまりに場所が遠い場合はキャンセルになります。配達側からすると、配達場所に10分待っても注文者が現れない、連絡がとれない場合はキャンセルできる仕様です。

番地なし

市役所と同様に多いのが、例えば「栃木県宇都宮市塙田」と町名までしか設定されていない番地のない案件です。これは大まかなエリアは合っているのでずれていることに途中まで気づかない場合が多く面倒です。

ではなぜ番地なしの住所登録が発生してしまうのか、それは「郵便番号」です。

住所入力の際に郵便番号から入力すると、リストに「栃木県宇都宮市塙田」という候補が出てくるので、注文者は入力の手間が省けると選択してしまいます。

すると地図情報には「栃木県宇都宮市塙田」までの情報しかないので、

Google Map上で「塙田」という文字の上にピンが立つことになります。
この場合は同じ町名なので遠くても数百メートル程度のずれなので連絡すれば大抵届けてくれます。

ピンズレを防ぐ入力方法とは?

英語の住所表記のように町名と地番から入力していけばこの問題は解決します。

都道府県も市町村も入力せず「塙田1-1-20」とだけ入れれば候補がリストに出るのでそれを選択するだけ。マンションやアパートなら建物名を入力してリストに出たらそれを選択してもOK。

この状態で注文すれば問題なく正しい住所にピンが立ちます。

それでもピンずれしてしまうケース

多いのが新築の一戸建てや賃貸で、Google Mapに住所が登録されていない場合。
この状態だと住所を入力してもリストに出てこないので選択できません。

その場合は近い住所に設定してから「ピンの位置を調整」を選択して地図でピンの位置を手動で設定します。

ここでピンの位置を調整して届け先の位置にピンを設定します。

注意事項にわかりやすい情報を補足する

ピンの位置があっていれば基本的にその場所に配達してくれますが、配達パートナーはそのピンの位置が本当に正しい場所かどうか判別できないので、一戸建てなら表札の名前や建物の形・色など、賃貸の場合、建物名はもちろんですが、建物名がわかりにくい場所に書かれていたり、A棟B棟C棟のように同じ名前で複数の棟があり見分けにくいことが多いため、建物の階数や詳しい位置などを補足しておくと迷うことなく届けてくれます。

アプリの仕様

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリは英語ベースのものを日本語に翻訳しただけで、日本向けにちゃんとローカライズされていないので、いろんなところで不整合が出てきます。

住所の設定では普通なら「栃木県宇都宮市」までしか入力がなければ「町名や番地がありません」みたいなエラーが出てもおかしくないはずですが、英語ベースで開発されたアプリであることから、英語での住所表記は、

1-1-20, Hanawada, Utsunomiya Shi, Tochigi Ken, 320-0027, Japan

このように日本とは逆に記述されます。これが全ての原因だと思います。
アメリカで注文するなら、「1-1-20, Hanawada」まで入力すればリストに候補が出るのですんなり設定できるでしょう。しかし日本の住所表記に合わせて作り変えたりはしていないので、このようなピンズレが発生し、ずれてもエラーも何も出ずに注文できてしまうものと思われます。

注文者として表示される名前も「山田太郎」なら英語では「Taro.Y」と名字(ラストネーム)がイニシャルになりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリで名前を日本語で入力すると、「太郎.山」と漢字までイニシャルのように1文字に省略されてしまいます。配達先が一戸建てだと、表札を頼りにすることも多いので、「山田」と「山下」が偶然隣だった場合に判別できない状態になってしまいます。

Uber Eatsアプリのローカライズがしっかりしてれば簡単に解決できる問題だし、そうした方が配達ミスや廃棄も減ってコスト削減になると思うんですけどね。

iOSでUber Eats をダウンロード AndroidでUber Eats をダウンロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました