寝室等でFire TV Stickを視聴するのに使わない液晶モニターをFire TV Stick専用にしてみましたが、モニターのスピーカーは音声が貧弱。そこでHDMIの音声を分離して3.5mmステレオミニジャックでスピーカーに出力することにしました。

買い換えたらデータバックアップして、iCloudから移行して、アプリインストールして、設定して・・・とめんどくさいなぁと思いながらiPhone8からiPhone11Proにクイックスタートでデータ移行したらめちゃくちゃ簡単でびっくりしました。

スマホにフィルムとか今まで無駄だと思っていたのでほとんど貼らなかったのですが、iPhone8に替えてから角が丸くなり滑りやすそうなので万が一のためにとガラスフィルムを貼っています。1年ほど経過したので現在どんな状態になっているか確認しました。

Fire HD 10

2017年のAmazonサイバーマンデーで安売りしていたFire HD 10 を購入し、Amazon PrimeとかHuluとかNetflix等の動画サービスを視聴する専用タブレットとして使っていました。ついでに地上波テレビも観れたらいいのになぁと思ったのでその方法をご紹介します。

Apple Watchを使っていてたまにあるのが、充電を忘れて外出してしまい、帰るまでにバッテリーが切れてしまうこと。これまでは普通のモバイルバッテリーと充電ケーブルを持ち歩いていたのですが、やはりかさ張るし持ち歩くのはけっこうしんどい。そこで手に入れたのがCHOETECHのApple Watch専用モバイルバッテリーです。

以前の記事でApple Watchのバンドはスポーツループがおすすめと紹介していましたが、やっぱり純正のバンドは5,800円とちょっとお高い。似たような非純正の安いバンドも売ってるけど怪しくて手が出ませんでしたが、今回全く期待はせずにどれほど純正と差があるのか比べるために購入しました。

ロードバイクでスマホをナビ替わりにしたり、GARMINなどの充電式のサイコンを使うときに、充電しながら走れればより長く使えるなぁと思ってロードバイクにマウントできそうなモバイルバッテリーを探したところAnker PowerCore 5000が小さくて形もちょうど良さそうなので購入しました。

2017年11月にApple Watchを購入し、ほぼ同時期に一緒に購入したMpow bluetoothヘッドセット。主にランニングとかワークアウト中に使うので高価なイヤホンは壊れるのが怖いし、とりあえず安いやつでいいやと思って適当に買ったのですが、これが意外と使えてもう5ヶ月が経とうとしています。

ロードバイクに乗っていると途中で道を確認したり、ナビがわりにしたりとiPhoneを使うことでいろいろ便利になります。ハンドルバーなどにスマホを固定できるマウントがいろいろ販売されており、過去にいくつか使ってきましたが一番使い勝手が良さそうなのがこのTiGRA Sportでした。マウントというより取り付け可能なiPhoneケースです。

基本的にずっとiPhoneユーザーですが、仕事上どうしてもAndroid端末が必要なこともあり、新たにAndroid端末を購入しました。
新しくて値段もそこそこのを探して目に留まったのはASUS ZenFone4。メインで使うわけでもないのでもっと安いのでも良かったんですが、できるだけOSは新しい方が良かったのでAndroid7.1のZenFone4に決定。回線はdocomo。

© Digitalyze. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。