iPhone 14 Proは買うべき?iPhone 13 Proと仕様を比べてみた

iPhone
iPhone

先日発表されたiPhone14シリーズですが、iPhone 13はまだ販売されているものの、発表と同時にiPhone 13 ProとPro MaxはApple Storeから無くなってしまったので、何が変わったかいまいちわかりにくいということで仕様を比べてみました。

SPONSOR LINK

iPhone 14 Proと13 Proのスペック比較

仕様 iPhone 14 Pro iPhone 13 Pro
サイズと重量 幅: 71.5 mm
高さ: 147.5 mm
厚さ: 7.85 mm
重量: 206 g
幅:71.5 mm
高さ:146.7 mm
厚さ:7.65 mm
重量: 203 g
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,556 x 1,179ピクセル解像度、460ppi
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
チップ A16 Bionicチップ A15 Bionicチップ
カメラ 48MPメイン:24mm、ƒ/1.78絞り値、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MP超広角:13mm、ƒ/2.2絞り値と120°視野角、6枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MPの2倍望遠(クアッドピクセルセンサーを活用):48mm、ƒ/1.78絞り値、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MPの3倍望遠:77mm、ƒ/2.8絞り値、光学式手ぶれ補正、6枚構成のレンズ
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム
サファイアクリスタル製レンズカバー
アダプティブTrue Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ナイトモード
LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート
パノラマ(最大63MP)
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG、DNG
Pro 12MPカメラシステム:望遠、広角、超広角カメラ
望遠:ƒ/2.8絞り値
広角:ƒ/1.5絞り値
超広角:ƒ/1.8絞り値と120°視野角
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
6枚構成のレンズ(望遠、超広角)、7枚構成のレンズ(広角)
True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
アクションモード(最大2.8K、60fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影(スローモーションとタイムラプスに対応)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
ビデオの第2世代センサーシフト光学式手ぶれ補正(メイン)
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(メイン、望遠)
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大9倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264、ProRes
ステレオ録音
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大9倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
通信方式 4×4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)5
4×4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE5
2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
5G(sub‑6 GHz)5
4×4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE5
2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
電源とバッテリー ビデオ再生:最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電に対応:約30分で最大50%充電11(別売りの20W以上のアダプタを使用)
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大15WのMagSafeワイヤレス充電12
最大7.5WのQiワイヤレス充電12
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
ビデオ再生:最大22時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大28時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大15WのMagSafeワイヤレス充電
最大7.5WのQiワイヤレス充電
高速充電に対応:約30分で最大50%充電(別売りの20W以上のアダプタを使用)
センサー Face ID
LiDARスキャナ
気圧計
ハイダイナミックレンジジャイロ
高重力加速度センサー
近接センサー
デュアル環境光センサー
Face ID
LiDARスキャナ
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
価格 128GB : 149,800円
256GB : 164,800円
512GB : 194,800円
1TB : 224,800円
128GB : 122,800円
256GB : 134,800円
512GB : 158,800円
1TB : 182,800円

大きな違いはA16 Bionicチップと4,800万画素のメインカメラ。
チップについてはAppleがA15との比較を明確に出していないので微々たる差かなと思います。
一眼レフにも匹敵する4,800万画素はこれまでの1,200万画素から4倍になりましたが、画素数が上がれば容量も当然増えるのでファイルサイズも写真1枚12~15MBくらいになります。気軽に撮るにはちょっと重すぎます。

仕様には載っていませんが衛星通信にも対応しています。しかし今のところアメリカとカナダしか対応予定はないので日本は無関係です。

正直13 Proと14 Proではほとんど変わり映えはしないですね。
価格は容量ごとに27,000円~42,000円ほど高くなりました。円高の影響があるとはいえ、かなりの値上がりです。

iPhone 14 Proは買うべき?

13 Proか12 Proを使っているなら買い替える必要はないと思います。
11 Pro以前なら5Gに対応するために買い替えてもいいかもしれませんが、13 Proの在庫があるうちに安く買うのもいいと思います。

SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
mayhemrabbitをフォローする
Digitalyze

コメント

タイトルとURLをコピーしました