Wi-Fi中継機で家中どこでも無線LANを使いたい WEX-733DHP2レビュー

5.0
Wi-Fi

我が家はマンションでそんなに広いわけではなく、家の中の大抵の場所でWi-Fiがつながるのですが、唯一つながらない場所がお風呂。お風呂に入りながらスマホで動画とか観たいと思い、Wi-Fi中継機を試してみました。

SPONSOR LINK

WEX-733DHP2の特長

とにかくシンプルで設定も簡単、そして安い。
速度は最大433Mbpsなのでそこそこのスペックですが、スマホの中継機としては十分な速度です。
パソコン等メインの機器をつなげるなら上位機種のWEX-1166DHPSの方がいいかもしれません。
上位と言っても1,000円しか変わりませんが😅

WEX-733DHP2の設定

まずは親機であるルーターに確実につながる場所のコンセントにWEX-733DHP2を繋げます。

電源を入れてから起動まで1分くらいかかります。上2つのランプがついたら設定開始。
親機は同じバッファローのWXR-1900DHP3なのでAOSSで簡単に接続できます。他社ルーターでもWPSに対応していれば同様です。
右上の丸いボタンを2秒以上、一番下のランプが点滅するまで押し続けます。

次に親機のAOSSボタンも数秒押してWIRELESSのランプが点滅した状態にします。

この状態で2分程度待てば設定が完了します。


1,2,4番目のランプが緑に点灯していれば設定完了です。

最適な設置場所を見つける

StationRaderというアプリをダウンロードします。

アプリを起動すると同じWi-Fiに接続されているルーターと中継機が表示されます。
WEX-733DHP3を選んで設定画面に入ります。

中継機設置ガイドを開くと、中継機から親機と子機の電波状況が分かります。

お風呂で使いたいので、洗面台のコンセントに接続。
スマホが中継機につながっているかどうかを確認する方法は、上から3つ目のランプが点灯しているかどうかで分かります。点灯していればつながっている状態で、通信開始すると2番目のランプが点滅します。

速度計測

5 GHz(433Mhz)と2.4 GHz (300Mhz)を同時接続するデュアルバンドなのでなかなか速い。
スマホで動画を観るには十分すぎます。

ちなみに親機で計測した結果はこちら。

これでお風呂でも快適になりました。

中継機は数珠繋ぎできるので、2台以上使って1階から3階まで繋げたり、どんなに広い家でもどこまでもつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました