SwitchBotハブミニからSwitchBotハブ2に買い替えてみた

スマート家電
スマート家電

これまで使用していたSwitchBotハブミニが進化してSwitchBotハブ2として新たに発売されました。長らくハブミニを使って10個以上の家電等を管理していましたが新しい機能等がいろいろ追加されたので買い換えてみました。

SPONSOR LINK

SwitchBotハブ2の仕様

付属品は本体の他にUSBアダプタ、温度センサー付USBケーブル、両面テープ、取扱説明書。

このようにUSBケーブルの途中にセンサーが付いており、温度・湿度・照度を計測することができます。

SwitchBotハブミニとの違い

本体の大きさは若干大きくなりました。

やはり一番の違いはセンサー。電源を入れると自動で温度と湿度がモニターに表示されます。
温度の下には関連機器の操作を自由に設定できるスマートボタンが付いています。

ハブミニはリモコンを管理する機能しかなかったのでかなり機能が増えました。

さらに背面を見て見ると、壁に掛けるだけしかできなかったハブミニに対し、ハブ2はスタンドが付いていてテーブルや棚に置いて使うことができるようになりました。

SwitchBotハブ2を設置

ハブミニは壁に掛けていましたがハブ2はせっかくなので置いて使うことにしました。
隣にはAmazon Echo Showを置いて音声操作もできるようにしてあります。

元々温度と湿度を計測できるSwitchBotの温湿度計を使っていましたが、ハブ2を置いたことで不要になったので別の場所へ移動しました。

パネルにあるスマートボタンはあまりいい使い道が思い浮かばなかったのでまだ何も登録していません。
カーテンの開閉とかライトのオンオフとかいろいろ考えましたが、わざわざハブまで行ってボタンを押すという必要性をあまり感じませんでした。

SwitchBotハブ2の設定

ハブ2を設定するにはアプリのデバイス追加ボタンからBluetoothで認識させて登録します。

認識できたらWi-Fiの設定をします。
ハブ2はハブミニ同様2.4GHzのネットワークのみ対応しています。
一般的なルーターなら名前にAかGと付いているのでGを選ぶことになります。

その後赤外線リモコンを登録していきます。
ハブミニにも登録していましたが、ハブ2に替えたことで再度登録する必要があります。
アプリ上に同じ機器だ2つ登録されてしまうため、先にハブミニに登録したリモコンを削除しておきます。

シーリングライト・エアコン・テレビのリモコンを登録しました。
単体でも動作するカーテンやスマートロック、プラグ等は再登録する必要はなくそのまま使えます。

リモコンを再登録したことで、Alexaに定型アクションを登録した機器も再度設定しなおす必要があります。
上記のアクションではリビングライトを再登録しました。

SwitchBotハブ2を使った感想

基本的な機能等についてはあまり変わった感覚はありませんでしたが、便利だと感じたのはリモコンの同期機能。

 

まとめ

ハブミニからハブ2に入れ替えたことで飛躍的に便利になったか・・・というとそこまででもありませんでした。
ハブ・リモコン・温湿度計・スマートボタンが1つの機器でできるのでこれから初めてSwitchBotを買うならおすすめですが、ハブミニからわざわざ買い替えるほどでもない気がしました。

とはいえこれでハブミニが必要なくなったので、違う部屋のリモコンを管理するハブとして使うことにしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました