賃貸マンションの玄関にSwitchBot スマートロックを設置してみた

家電
家電

「SwitchBot スマートロック」のレビューです。スマートロックを後付けできる「SwitchBot スマートロック」が発売されたので予約購入して自宅の賃貸マンションの玄関の鍵に設置してみました。

SPONSOR LINK

SwitchBot スマートロック

SwitchBot スマートロック

当初は2022年1月5日発売と発表されていましたが、年末にかけてセールでSwitchBotが売れまくり、サーバーがパンクしたりとゴタゴタがあったため延期され、1月18日ごろ発送されました。

事前にサポートに問い合わせて自宅の家の鍵に合うかどうかは確認しておきました。

SwitchBot スマートロックの取り付け

まずは家のサムターンの形状を確認。
我が家のサムターンはスイッチ式サムターン(MIWA B5型)というつまみにスイッチがついていて押しながら回すタイプです。

3種類のアタッチメントがあるので鍵に合うものを確認します。

確認できたら本体に取り付けます。

このまま本体を取り付けようとしても両面テープとドアの間がかなり空いていて付けられないので高さを調整します。

電池カバーを外しネジを外して高さを図り、ちょうどいい場所まで伸ばしてネジ止めします。

ちなみに電池はCR123Aという規格の電池を使います。カメラとかで使われる電池ですね。

両面テープで貼りつけて設置完了です。

本体の3cm以内の壁側にマグネットを貼り付けます。
これによりドアが開いたり閉まったりする動作を検知できるようになります。

電池についていた絶縁シートを外すと電源が入り、ランプが点滅するのでアプリから設定を開始します。

SwitchBot スマートロックの設定

SwitchBotのアプリにスマートロックを登録します。
リモートで操作できるようにSwitchBotハブミニに接続します。

これでアプリを開いて鍵のマークをタップすれば施錠と解錠ができるようになりました。

Apple Watchでも解錠できるので便利です。

通知設定では施錠・解錠された時の通知やドアが開きっぱなしだったり、鍵がかかってなかったりしたときに通知する設定ができます。

自動施錠の設定で一定時間後に自動で施錠する設定もできますが、スマホ等の機器を持たずに外へ出て締め出されてしまう可能性もあるので設定するかは注意が必要です。

施錠までの時間を設定できるのでちょっと外に出るくらいなら大丈夫ですが、うっかりスマホを忘れて外出してしまい、帰ってきたら施錠されていたなんてことも考えられます。

NFCタグでロック解除

NFCタグが2枚ついているので、1枚を解錠用に登録して玄関のドアに貼りました。
これで帰宅したらiPhoneをかざせばロック解除できます。ロック解除するにはかざすだけでは解錠されません。
Face IDやパスコードでiPhone自体のロックも解除しないと解錠操作はできないので少し面倒ですがセキュリティ的には安心です。

もちろん他人のスマホでタグを読み取っても解錠はできません。

ドアが金属なため反応が悪く後日貼る場所を変えました。

インターフォンの近くに貼っておけば家族や知人が来た時にその場で解錠できます。

いまいち反応が悪く、操作に手間がかかるのでほとんど使っていません。

Amazon Alexaとの連携

他の機器同様にAlexaと連動できます。

定型アクションに登録できますが、登録できるのは施錠だけです。

解錠も音声操作するには4桁の確認コードを登録する必要があります。
もし音声で普通に解錠できてしまうと、他人でも外から大きな声を出せば誰でも解錠できる可能性があるからです。
「アレクサ、玄関ロックを解除して」と言うと、「確認コードは何ですか」とアレクサに聞かれるので、4桁のコードを伝えることではじめてロック解除されます。

SwitchBot スマートロックの不安点

懸念される問題としては、SwitchBotロックが電池で動作しているので電池切れや、通信トラブルで動作しなくなってしまうかもしれないという不安があります。電池は20%を切ると通知が来るので早めに交換すれば防げますが、通信トラブル等は予測ができないので不測の事態に備えておく必要はあるかと思います。

接続は常にWi-Fiというわけではなく、家の中や近くにいるときはBluetooth接続になるので、SwitchBotのサーバーがパンクしたりしても解錠できなくなるということはなさそうです。トラブルを未然に防げるような設計になっています。
でも鍵を一切持たずに外に出るのはちょっと怖いので、いつも持ち歩くバッグに入れておくとか、トラブルが起きても外から鍵で開けられる手段は持っておいた方が安心です。

もう一つは、SwitchBot スマートロックを取り付けた部分が出っ張るので、大きな荷物を玄関から運ぶ際に引っ掛かりやすいという点です。しばらく使ってみて、ロックがあることを気にせず荷物が引っかかって外れて落下してしまったことが何度かあり慣れるまでは注意が必要です。

SwitchBot キーパッド・キーパッドタッチが発売

2022年6月に新商品の「SwitchBotキーパッド」が発売されました。
これにより、今までのスマホでの解錠に加えてパスワード、キーカード、指紋認証(キーパッドタッチのみ)でも解錠することができるようになりました。
毎回スマホを取り出してアプリから操作するのはけっこう面倒だし、NFCタグは反応が悪いので、手ぶらで解錠できるのはかなり便利になると思います。

個人的に買うならキーパッドじゃなく指紋認証付のキーパッドタッチ。
キーパッドだと設定したパスワードのボタンを何度も押すことでそのボタンだけ劣化してパスワードがわかってしまいそうな気がします。ワンタイムパスワードもあるみたいですが面倒くさそうです。

SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
mayhemrabbitをフォローする
Digitalyze

コメント

  1. トム より:

    私もswitchbotロックを取り付けしようと思っています。

    おそらく同じ形状の鍵なのですが、
    付属のアタッチメントを普通につけるのでは鍵は回らないかと思います。

    スイッチ式サムターンの問題はどうやってクリアしましたか?

  2. mayhemrabbit より:

    コメントありがとうございます。
    アタッチメントを付けた時点でスイッチが押された状態になるので普通に回ります。

  3. 匿名 より:

    ご返信ありがとうございます。
    そうなんですね…私のは回らなかったので何かが違うのかもしれません。
    情報ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました