MacBook Air (2020)のバッテリーは、Appleの製品情報では「最大11時間のワイヤレスインターネット」、「最大12時間のApple TVアプリのムービー再生」と記載がありますが、実際はどれくらいの時間使えるのか、また充電時間などいろいろ検証してみました。

テレワークが始まり自宅で仕事をしていますが、せめてより良い環境で作業をしようとマウスとキーボードを、クリエイターやプログラマー向けのデバイスであるロジクールのMX Master 3 とMX Keysに新調しました。結果、どちらも最高のデバイスでした。

IPv6 IPoE(ZOOT NATIVE)はどんな時間帯でも200Mbps以上の帯域を確保できてとても快適ですが、ポートの解放ができない、IPアドレスを固定できないというデメリットがあります。そこでIPoE用に使っていたWXR-1901DHP3と同じネットワーク上にもう一つIPv4 PPPoE用のルーターを設置して機器によって使い分けることにしました。

ブラウザのキャッシュから画像や動画、HTMLなどそのままのファイルで取り出したい、そんなときに使うのが「ChromeCacheView」というWindows用のフリーソフト。Google Chromeのキャッシュデータを一覧表示して必要なデータを復元することが可能です。

MacBookAir

MacBook Air(Early 2015)を購入して4年以上経過し、使用頻度はそれほど高くないものの、さすがにバッテリーの性能が低下して長時間の外出にはちょっと不安なくらいになってきました。Macのサポートで交換するか迷った結果、自分で交換してみました。

SSDがかなり安くなってきたのでシステムディスクに使っているNVMe M.2 SSDを新しくすることにしました。購入したのはCFD PG2VN シリーズ「CSSD-M2B05GPG2VN」。256GBから512GBへアップグレード。
システムの入れ替えには定番のバックアップソフト「EaseUS Todo Backup」で256GBから512GBへサイズの違うSSDへシステムを換装する手順をご紹介します。

JUNKやANN等の深夜ラジオが好きでいつも聴いているのですが、深夜にリアルタイムで聴くのは難しいので、録音して仕事中とか運動するときとかに聴いています。そのため毎週の放送を自動で録音できる環境を構築するためにRaspberry Piを購入しました。

PS4、Switch、Fire TV Stick、ひかりTVを同じモニタで視聴するためにHDMIセレクタを使い切り替えて使っていましたが、今まで使っていたセレクタが不調だったので買い換えました。音声分離ができるのが特徴です。

32インチのIPS液晶モニタが2万円代で買えちゃう。だいぶ安くなりましたね。今までゲーム機用に24インチのモニタを使っていたのですが、設置場所が1m~1.5mくらい離れた場所なのでちょっと小さく感じていたので買い換えました。

© Digitalyze. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。