Windows10で簡単にコントロールパネルを出す方法

Windows10からはコントロールパネルが表に出なくなり「設定」に変わりましたが、何だか使いやすいんだか悪いんだか良く分からない感じで、結局細かい設定はコントロールパネルの方が良かったりします。最近このコントロールパネルの出し方をよく聞かれたので簡単に出す方法を紹介します。

MacBookAirの容量をJetDrive Liteでお手軽に増やす

2015年に購入したMacBookAirが未だサブマシンとして現役です。遅いと感じることもほとんどなく、iPadとか使う気にもならないほど便利です。
ただ一つの難点が容量の少なさ。サブマシンなので最低の128GBで十分と思っていましたが、あれもこれもと入れているとやっぱり少ない。そんなときに簡単に容量を増やせる方法です。

Fractal Design Define Cで組んでみた(i7 6700K / GTX1060)

とある理由で新しくPCを組むことになりパーツを全て新規購入して組みました。最近は前の環境を流用したアップグレードばかりで1から新規に組むのは久しぶりでテンション上がります。

ケースは11月に発売されたばかりのDefine Cシリーズを選びました。サイドが透明のやつ。しかし、とある理由で時間が無くパーツの詳細も調べないまま急いで見積もって購入したので若干の不安がよぎりました。

GTX1070と27インチディスプレイ(DELL S2716DG)でFF14


前回、Core i7 6700KとGTX1070でPCを新調してしばらく経ちました。
そしてディスプレイに27インチWQHD&144HzモニタのDELL S2716DGを購入し、数年前に買った24インチのiiyamaのIPSモニタとデュアルディスプレイで使用しています。
主にFF14をプレイしているのでその感想を中心にレビュー。

Core i7 6700KとGeForce GTX1070で自作PCをリニューアル

Core i7 2600K&GTX970からCore i7 6700K&GTX1070へのアップグレードレビューです。
今まではCore i7 2600Kという現行からは4世代も前のCPUを使っていました。グラボやSSDはそれなりに交換してましたがCPUは特に不満もないのでそのまま使い続けていつの間にか5年近く経過していました。
現状で速度的なストレスは全く感じていないので、速さを期待してというよりは、省電力や今後の新しい規格等に対応するための新調という感じです。

【レビュー】PCケース Fractal Design Define R5 で組んでみた


今まで使っていたケースが4年以上経過してあちこち劣化してきたので新しいケースを探していたところでFractal DesignにてDefine R5のレビュー企画があり、レビューさせていただくことになりました。

ビデオカードをGTX760からGTX970に交換しました(GV-N970WF3OC-4GDレビュー)


2014年もまもなく終わり、そろそろPCのスペックを上げたい時期になってきました。
最近はほとんどFF14、たまにPCゲームをちょっとやるくらいでスペック的には不満があるほどではないですが、最新のGTX760のスペックを見てその性能や消費電力に魅了されてしまったのでつい最近GTX760に替えたにもかかわらずGTX960を購入してしまいました。買ったのはGIGABYTEのGV-N970WF3OC-4GD。オーバークロックモデルです。今までビデオカードは2万円前後のミドルレンジばかりを使ってきたので4万円もするハイエンドは初めてかもしれません。

現在の自作PC環境など(ほぼFF14専用マシン)

CPUもマザーももう2年以上変えてませんが、変える必要性を感じないくらい快適なので最近は放置気味です。
Mac miniもあるしほぼFF14専用マシンと化しています。
FF14をより快適にプレイするためビデオカードをGTX660に変えた程度。

CPU Intel Core i7 2600K
CPUクーラー Thermalright HR-02
電源 Corsair CMPSU-750HXJP
マザーボード ASRock Z68 Extreme4 Gen3
メモリ DDR3 SDRAM PC3-12800 4GB x4
ビデオカード ZOTAC GeForce GTX 660 DUAL SILENCER FF14 (2GB)
サウンドカード Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audio
SSD PLEXTOR PX-128M3 (128GB) & Intel 80GB
HDD WD20EZRX & WD20EARX
CASE Corsair CC800DW
OS Microsoft Windows 7 Professional 64bit
ヘッドセット Creative Sound Blaster Tactic 3D Omega Wireless
スピーカー BOSE Media Mate II
モニター MITSUBISHI RDT231WM & SONY PlayStation 3D Display CECH-ZED1J
マウス Logicool G600 MMO Gaming Mouse
キーボード Logicool Illuminated Keyboard K740 & Logicool G13 Advanced Gameboard
コントローラー Xbox 360 Controller for Windows
NAS Synology DS411J

Mac miniのSSDをOCZ Technology Vector 256GBに交換

RIMG0179.jpg
Mac miniのシステムドライブにIntel SSD 330 120GBを使っていましたが、Mac OSのみなら十分な容量ではあるものの、Parallels DesktopでWindowsも使うにはちょっと足りない。
ということで256GBのSSDが欲しいなぁと思っていたところでconeco.netの体験レビューに応募したら当選しました。
OCZ Technology Vector 256GB (VTR1-25SAT3-256G)のレビューと評価: MacでもWindowsでも超高速 [coneco.net 商品レビュー]
レビュー後一ヶ月ほど経ったので追加の写真等を掲載。

Parallels DesktopでMac miniにWIndows8をインストール

Windows8
Windows8が発売されてしばらくたちますが、アップグレード版を購入したものの、メインのPCではアップグレードができなかったので、Mac miniにてParallels Desktop上で動かすことにしました。