このページには広告が含まれています。

Alexaの定型アクションで反応しない機器がある場合の対処方法

スマート家電
スマート家電Amazon

SwitchBotで複数の機器をAlexaで同時に動作させるために定型アクションを登録していますが、複数のアクションを同時に実行すると反応しない機器があるのでその対処方法です。

SPONSOR LINK

定型アクションに複数機器を登録

定型アクションは朝家を出るときや、家に帰ってきた際にAlexaに一言かけるだけで家の中の様々な機器を操作できるのでとても便利です。

いってきます

実効条件:「アレクサ、いってきます」と言う

アクション:
1.  Alexa「どうぞお気をつけて、いってらっしゃい」と返事
2. リビングライトをオフ
3. テレビをオフ
4. エアコンをオフ
5. IFTTTでパソコンをシャットダウン
6. パソコンのSwitchBot プラグミニをオフ

ただいま

実効条件:「アレクサ、ただいま」と言う

アクション:
1. Alexa 「おかえりなさい」と返事
2. リビングライドをオン
3. パソコンのSwitchBot プラグミニをオン(BIOSで自動起動)
4. SwitcBotロックを施錠

最初はこのように登録しましたが、これを実行すると途中のアクションが抜けて実行されることが頻繁に起こります。

対処方法

アクションの中に待機という命令があるので、これを間に挟めば実行するタイミングを遅延できるのですが、5秒単位しか設定できず、全部の命令が実行されるのに20~30秒もかかってしまうので現実的ではありません。

そこで代わりになるのが、Alexaのおしゃべりで「ー」などの発音しない文字を登録する方法です。


各機器の命令の間に挟むことで、わずかに遅延が発生するので命令が飛ばされることなく実行されます。

2023/10/31をもって、AmazonがAlexaのIFTTT連携サービスを終了したため、IFTTTを使っている場合はそれが原因の場合もあります。

SPONSOR LINK
mayhemrabbitをフォローする
Digitalyze

コメント

タイトルとURLをコピーしました